カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロータス E21 R.グロージャン

ロータス 2013

ミサイルからエースに

【ミニチャンプス ロータスE21  R.グロージャン 2013】
失意の09年デビューイヤーを過ごし、GTなどF1外で復帰の機会をうかがったグロージャン。再デビューした12年は接触多発でサーキットの通り魔とまで呼ばれましたが、この年の終盤では大きな成長を見せてチームを引っ張るエースになりました。

シーズン前半はライコネンに後れを取り、モナコGPでは相変わらずの追突事故を起こすなど評価が上がらないままだったグロージャン。しかし転機は中盤に訪れます。この年は安全性を理由にシーズン途中からタイヤコンパウンドが変更になり、これで勢力図が大きく変化しました。

タイトル争いに顔を出すほど好調だったライコネンが対応に苦しんだ一方、グロージャンは成績を伸ばしていきます。終盤のアジアラウンドでは3戦連続3位表彰台を獲得し、特に日本ではラップリーダーを記録して優勝争いをするなど一気にブレイクを果たしました。

シーズンの前半後半それぞれで両ドライバーが活躍し、ダークホースの活躍を見せた2013年のロータス。結果的に1勝で終わってしまいましたが、2人のドライバーは名を挙げました。マシンの赤い部分には大口スポンサーとしてハネウェルが加入する噂がありましたが、結局実現しませんでしたね。この上り調子のチーム体制も結局資金難で崩壊してしまっただけに、もし実現していれば好調を維持してPU時代は4強になっていたのかもしれません。

シーズン終盤は給与未払い問題などからライコネンの離脱騒動でチームが揺れ動く中、エースとしてチームを引っ張ったグロージャン。悪名高いクラッシャーから一転、中堅チームを支える存在に進化しました。優勝できなかったもののあと一歩を予感させ、苦境のチームを支える姿から中堅チームには頼もしい大黒柱としてのイメージが定着したと思います。もうハースでこの年のような活躍を見せることはできないのでしょうが、それでもシートを維持し続けるのはチームへの献身性の”イメージ”があってこそなんでしょうね。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました