マクラーレン MP4-31 S.バンドーン バーレーンGP

オリジナルモデル マクラーレン 2016

大物ルーキーデビュー

【ミニチャンプス マクラーレンMP4-31 S.バンドーン バーレーンGP 2016】
スパークからは早めにアナウンスされたものの、ミニチャンプスからは音沙汰なしだったのでリリースされないかと思われたバンドーンのデビューマシン。CK-models別注として無事発売されました。

アロンソが開幕戦のクラッシュの影響で欠場し、急きょデビューが決まったバンドーン。前年にもマグヌッセンが似たケースでレースに復帰しましたが、トラブルでグリッドにつくことすらできませんでした。対してバンドーンは10位完走で2016年チーム初ポイントを獲得します。彼は運もしっかり持っていそうだとこの時は思いましたねー。

2015年はホンダ繋がりでSFに参戦し、デビューイヤーで2勝を挙げました。最近はよく聞ききますが、当時は久々にF1参戦前のドライバーが武者修行に日本にくるということで、将来のF1ドライバーとしてファン人気も高かったようですね。チームからもハミルトン以来の秘蔵っ子として期待され、当時は大事に育てられていた印象があります。

別注らしく台紙デザインが変更されていましたが好みではなかったので作り直しました。バトンのアブダビGP仕様とお揃いのデザインです。またシャンドンのデカールも加工しました。将来のチャンピオン候補だと思っていたので、デビューマシン500pcsは少ないなぁと思ったのですが、結果からすると十分なロット数でしたね。

2016年は次期F1を支えていくと言われたフェルスタッペン、ウェーレイン、オコン、そしてバンドーンという4人の有望株が出揃い、いずれこのうちの何人かがタイトル争いをするんだろうなぁと楽しみに思ったものです。既に優勝したフェルスタッペンはもちろん、チームのバックアップも強いバンドーンはその対抗馬になると思っていたのですが、まさかオコンより先に脱落してしまうとは……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました