ウイリアムズ FW38 F.マッサ

ウイリアムズ 2016

最初の引退マシン

【ミニチャンプス ウイリアムズFW38 F.マッサ 2016】
リリース当時はマッサのラストマシンになるはずだったFW38。例年ボッタスを買っていてもこの年はマッサを、という人も多かったのではないでしょうか。しかし宣言通り引退したバトンと異なってマッサはその後のロズベルグの引退の煽りを受けてもう1年の参戦となったので、このマシンに特別な意味はなくなってしまいましたね。

この年のウイリアムズは悲しいくらいに目立ちませんでした。前半こそコンスタントにポイントを重ねてきましたが、中盤以降はフォースインディアに先を越され、そのままポイント差はずるずると開く一方。案の定コンストでは5位に転落してしまい、ここ数年の好調はメルセデスPUのおかげで浮上したというだけに終わってしまったのでした……。

表彰台はエースのボッタスが雨のカナダGPで3位を獲得したのみですから、ウイリアムズの低調ぶりは明らかです。マッサも頻繁にポイントを獲得してはいるんですが、ほとんど下位なのでとにかく地味でしたね。母国ブラジルGPでの引退時のシーンが印象に残るだけで、マッサはシーズンを通してあまり目立つことはなかったかと思います。

最初は目新しさのあったマルティニカラーも3年目を迎え、そろそろ飽きがきました。スポンサーロゴはいくつか変わったものの、モデル化に至るような結果が出ませんでしたからね。この年FW38は予選での史上最高速度を更新したとのことですが、裏を返せばPU元年から続く直線番長から脱却できないまま、メルセデスPUのアドバンテージの目減りに合わせて成績を落とし続けてきたことが顕著に表れています。結局マルティニを獲得してから失うまで、目立ったマシンの改善は見られなかったんですよね。

1度目の母国ラストランはクラッシュで終えてしまったマッサ。雨の予報を聞いてなんとなくそんな気はしてました。しかしそこから始まる引退セレモニーのようなガレージ凱旋はよかったですね。自身がきっかけでSCを出したことで国際映像でも長く捉えられていました。 
ピットレーンではチームのウイリアムズや古巣のフェラーリはもちろん、メルセデスのクルーまで大勢で迎えていましたから、パドックでは本当に愛されていたのでしょう。クラッシュをみて泣き出すコースマーシャルや家族との抱擁など、感動的なフィニッシュでしたよね。

と、これで引退であれば2008年の屈辱も報われる大団円だったのですが、まさかの続投要請で新人ストロールのお目付け役に任ぜられます。2017年はマシンの戦闘力も更に落ち、母国ブラジルGPではドライレースで淡々と10位完走ですから、前年と比べるとあっけない終わりです。しかし息子からのラジオを通して温かいメッセージが届いたことで、こちらもまた感動的なラストランになったのでした。引退宣言すらできなかったドライバーが多々いるなかで、2度もセレモニーを受けたことこそが彼の愛されるキャラクターを象徴していると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました