マクラーレンMCL35 C.サインツ イタリアGP

マクラーレン2020

このレースに勝ちたいんだ

【ミニチャンプス マクラーレンMCL35 C.サインツ イタリアGP 2020】

上位陣の相次ぐトラブルで中堅チームに優勝チャンスが生まれた2020年のイタリアGP。それを制したガスリーが一躍スターダムに上ったことは記憶に新しいですが、最後まで彼に食らいついたサインツの闘志も忘れられません。

コロナ禍のF1開幕延期で起こった、開幕前のベッテル解雇騒動によりシーズンイン前に翌年のフェラーリのシートを獲得したサインツ。その地位に相応しいドライバーたる証明を求められましたが、堅実にポイントを積み上げた一方で開幕戦で3位表彰台を記録したチームメイトのノリスのインパクトには及びませんでした。

転機となったのがこのイタリアGP、上位陣の脱落により望外の2位を手にし、優勝まであと一歩というところまで迫る好位置で終盤を迎えます。当時のマクラーレンとしては貴重な表彰台だっただけにチームからはポジション維持ともとれる命令が飛びますが、サインツはこのレースに勝ちたいと返事をして最後までプッシュを続けたのでした。

MCL35とその後続MCL35Mはどちらもオレンジとブルーのコントラストが美しく、この年代のマシンの中では随一のカラーリングだったと思います。レースでは電子タバコのVELOがサイドポッドにスポンサードしているのですがこのデカールは一向に発売されませんね。なくても綺麗で素晴らしいのですけれども。

結局勝利を掴めなかったサインツ、これ以降フェラーリも優勝を狙えるチャンスがなく、未だ初優勝はなされていません。この間ガスリーやオコンに先を越され、ノリスやルクレール、フェルスタッペンにも評価で先行を許してしまいましたが、近いうちに彼が大ブレイクすると信じて応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました