カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハース VF-19 K.マグヌッセン

ハース 2019

ワーストシーズン

【ミニチャンプス ハースVF-19 K.マグヌッセン 2019】

念願のタイトルスポンサーを得て、躍進が期待された2019年シーズンでしたが、結果はチームのF1参戦以降最悪のものになってしまいました。

フェラーリの手厚いサポートで新規チームながら上々の戦闘力を持っていたハースチーム。課題は経験不足によるチームオペレーションミスの克服とスポンサーの獲得でしたが、2019年は念願叶ってタイトルスポンサー、リッチエナジーを獲得します。

しかしそのスポンサーは発表会の時点からペーパーカンパニーなのではないかという疑惑があり、本業のエナジードリンク販売もイギリスで通信販売のみという怪しさがありました。案の定リッチエナジー側の資金繰りの問題で会社組織が変更されたのを期に契約を反故にされ、チームへの支払いはなされませんでした。

ブラック&ゴールドはF1では人気のある歴史的なカラーリングですが、このマシンは本家JPSロータスのような気品の高さはなく、荒っぽい運転ばかりが目立つためさながらギャングスターのようでしたね。ミニカーの発売はリッチエナジー問題発覚後のことだったのでロゴがどうなるか心配でしたが、こうしてモデルにも残してくれました。メインスポンサーの未払い問題は2007年スーパーアグリのSSユナイテッド以来の出来事ですから、こうして形に残ってくれて嬉しいです。アグリの時は翌年の撤退の引き金となってしまいましたが、今回のリッチ騒動もその可能性が0ではないのが怖いところです。

スポンサー問題だけでなく、オペレーションの面でもチームはなぜかドライバーが同士討ちを繰り返し、逆に崩壊してしまいました。参戦4年目で過去最も競争力のないマシンであったのに、なぜ遅いのか原因を突き止められないまま、後方スタートのレースで同士討ちをして代表の苦悶の表情が映る、というレースを様式美のように繰り返していましたね。内外問わず接触上等でガンガン行く姿勢を貫く姿はペイドライバーで適当に済ませるチームよりもずっと面白くて好きですが、この年はウイリアムズ同様にハースも独自のツーリングカークラスのような状態でした。今後もハースが白黒のモノトーンに赤のアクセントという基本のカラーリングを続ければ、この年の異端ぶりがありありと浮かぶことになると思います。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました