フォースインディア VJM09 N.ヒュルケンベルグ

フォースインディア 2016

急転直下のルノー移籍

【ミニチャンプス フォースインディアVJM09 N.ヒュルケンベルグ 2016】
僚友ペレスと共に大量のポイントを獲得してきたヒュルケンベルグ。しかし相変わらず表彰台は彼に巡ってきませんでした。が、その技量が認められてかこの年ルノーへの移籍を発表し、ついにワークスドライバーとなります。

2016年の序盤の数戦を見て、今年こそは初の表彰台いけるかも?と思い両ドライバーとも予約したフォースインディアのマシンですが、彼はやっぱりこの年もだめでした。
当時ワークス復活2年目のルノーに移籍したからといってすぐにチャンスが来るわけでも無さそうだったので、ヒュルケンベルグファンにとってはまた長いお預けをくらってしまいましたよね。

オーストリアGPでのフロントロー獲得、ベルギーGPでの序盤3位走行など、何度か期待させる場面もあった2016年シーズンですが全て結果には結びつきませんでした。序盤上位でも終わってみればペレスの方が上だったり、1周目を終えてペレスより上位で戻ってくることが少なかったりと、この年は全体的にチームメートに見劣りするシーズンになってしまいましたね。

今年の緑のヘルメットカラーがとてもマシンにマッチしていてお気に入りポイントです。
初表彰台モデル出るかな?いやでもやっぱり無理かな・・・と予約するのに葛藤しましたが、まぁダブってもマシンの見た目が綺麗だしいいかと自分を納得させて予約。案の定そんな悩みは杞憂に終わり、この年も通常モデルこれ一台で、はい終わりです。

前年のルマンの優勝で波が来るかと思いましたがそんなことはなく、むしろ「シート喪失したらWECに行けばいいか」という安心感があるのかリザルトへのガツガツした執着心を感じなくなってしまいました。ペレスからは上位フィニッシュ、上位チームに移籍という強い気持ちを感じたのですが、ヒュルケンベルグのこの年は大人しいというか地味というか、とにかく目立ちませんでしたねぇ。
もう結果が出なくても下位チームに移籍してまでF1にこだわらないのかなぁ、と感じていたのですが、なんとルノーに移籍して一躍ワークスチームのエースになったヒュルケンベルグ。当時は今度こそチャンスをものにして、表彰台はもちろんぜひ優勝する姿を見たい!と強く願ったんですけどね。初めてワークスドライバーになりましたとルノーのファクトリーの前で撮った写真をSNSにアップしていたのが印象的です。あの時はみんな夢に溢れてましたね……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました