レッドブル RB13 D.リカルド アゼルバイジャンGP

レッドブル2017

3台抜き

【ミニチャンプス レッドブルRB13 D.リカルド アゼルバイジャンGP 2017】

混乱を極めた2017年のアゼルバイジャンGPを制したリカルド。得意のブレーキングが牙を剥き、リスタートで3台を仕留めたことで優勝に繋がりました。

予選10位からスタートなったこのレース、クラッシュのたびに順位を上げて赤旗明けのリスタートではウイリアムズ2台とヒュルケンベルグを料理。3位に浮上すると1-2を走るハミルトン、ベッテル双方にペナルティや警告が出たため、リカルドは難なく優勝を手にしました。

この年フェルスタッペンにリタイアが頻発する傍ら、リカルドは堅実に完走を繰り返しメルセデス・フェラーリに次いで3位表彰台を連発していた記憶があります。しかし終盤戦にフェルスタッペンの信頼性が回復すると、2勝を挙げた彼に対して3位が2回に留まり、一気に評価が逆転した印象です。

RB13にとって明確なアキレス腱だったルノーPU。2015年に公然と罵り合う大喧嘩をしながらもお互いに新しい供給先を見つけられませんでした。世間体を気にしてやむなく再構築を目指した浮気明けの夫婦のような状態だったわけですが、この年再びのトラブルによって離別は決定的となりました。

辛うじて1勝をもぎ取ったリカルドですが、その後のフェルスタッペンの2勝に比べラッキー感は否めず、この年以降レッドブルはリカルドを優先させた戦略を取っていなかったのかなと勘ぐってしまいますね。翌年のモナコGP初制覇など印象的なこの2年の優勝ですが、トップチームのドライバーとしては物足りないものだったのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました