フェラーリ SF15-T S.ベッテル

フェラーリ 2015

復活の狼煙

【ルックスマート フェラーリSF15-T S.ベッテル マレーシアGP 2015】

フェラーリにとっても、そしてベッテル自身にとっても未勝利という辛い1年を乗り越え、新しいコンビネーションで早々に優勝をあげた2015年シーズン。このタッグの今後に期待を寄せるには十分な成績を残し、打倒メルセデスの本命へと名乗り出ます。

深刻な低迷となった2014年から一転、オフテストでの前評判は上々だったフェラーリ。しかしメルセデスが変わらず盤石なスタートを切ったことで、どこかで1勝できれば上々だろうというのが当時の評判だった気がします。

そんな世論を裏切るかのように、わずか2戦目にしてSCのタイミングが味方してフェラーリ、ベッテル共に2年ぶりとなる優勝を挙げます。その後もハンガリーGP、シンガポールGPという低速サーキットを制し、シーズン3勝を挙げてメルセデスへの対抗馬の座をレッドブルから奪い返すことに成功します。

ドライバー体制刷新と同時にミニカーもこの年からマテルの独占契約が終了し、今日にまで至るブラーゴとルックスマートの2ライン体制がスタートしました。正直スパークの塗装はあまり好きではなく、また細かな粗が目立っていたので当時はこれならマテルのままでよかったなぁと思ったものです。値段もぐんと上がりましたからね。しかし最近はどんどん出来も良くなっていて、マテルを見返すとよくこれで我慢できていたなぁと思うくらいになりました。

チーム・ドライバー共に体制を一新し、新たな門出を切ったフェラーリ。その初年度はミスがありながらも上々なもので、このコンビネーションはどんな結果を残すのか、大きな期待をを抱かせてくれたものです。シューマッハに並ぶのは難しいだろうけど、何回かはタイトルを取るだろうなと思っていたんですけどね。まさか稚拙なミスを繰り返すうちに敵にシューマッハ越えを許すとは、この時は知る由もなかったのでした……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました