メルセデス W08 L.ハミルトン スペインGP

メルセデス2017

一番かっこいいハミルトンのマシン

【ミニチャンプス メルセデスW08 L.ハミルトン スペインGP 2017】

100勝100PPが近いハミルトン、生み出した記録は数多ありそれを生んだマシンも多々あるわけですが、私はこのマシンがハミルトンのキャリアの中で一番かっこいいマシンだと思います。

2017年のハミルトンは前年ロズベルグに敗れたリベンジに燃え、シーズン前半はフェラーリに優勝を譲るレースがいくつかあったものの、9勝と全戦入賞の圧勝劇で4度目のタイトルを決めました。後半戦は敵なしの強いハミルトンが帰ってきましたよね。

2017年、かっこいいマシンを目指した新規定は全チームのマシンのルックスを劇的に改善させましたが、中でも最強メルセデスのルックスはやはり一番でした。7年ぶりに復活したシャークフィンもメルセデスはただのフィンではなく、上部にスリットが設けられ廃熱が行われる進化を果たしています。この辺の細部へのこだわりが連続王者の証なんでしょうね。

W08は3種類リリースされていますが、ロシアGP仕様は国旗と背びれの国旗とカーナンバーの表示がなく、タイトルを決めたメキシコGP仕様は背びれの形状が膨らんでいてシャープではありません。まさにシャークフィン、といったこの形状で先端に綺麗にユニオンジャックをあしらったこのスペインGP仕様こそ、一番かっこいいのではないかと思いますね。

この年からは新たなタイトル争いのライバル、ベッテルが登場しましたが本人はチームに敵がいないことに非情にご機嫌だったのか、「レーシングが楽しい」と発言して常にニコニコでした。負けない余裕の表れだったのかもしれませんが、その通りに終わってみれば完勝で変化したシーズンを終えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました