ウイリアムズ FW40 L.ストロール

ウイリアムズ2017

大物ルーキーデビュー

【ミニチャンプス ウイリアムズFW40 L.ストロール 2017】

数いるペイドライバーの中でも別格の資金力を持つドライバーとして話題を集めたストロールのデビュー戦。この年はまさかここまで成長するとは思いませんでした……。

契約に基づいたスポンサーシップではなく、父親という親族のマネーで参戦した珍しいペイドライバーだったストロール。資金力が他者の比ではなく、盤石の資金で好調ウイリアムズのシートを買い上げたのはもちろん、選手権と並行して鈴鹿を含む世界各地でのプライベートテストも実施されたほど手厚い体制でのデビューとなりました。

そんな厚遇でデビューしたストロールですが実力には疑問視され、当のチームからもボッタスの引き抜きに伴ってマッサを呼び戻したほどチームを託せる信頼はなかったのでしょう。その疑念が当たってか開幕3レースを終えて完走ラップはわずか52周と1レース以下に留まり、アドバイスしたマッサに対して学ぶことは何もないと言い切るなど前途多難な問題児という印象が最初は強かったですね。

そんなストロールですが荒れたアゼルバイジャンGPでは展開を味方に3位表彰台を獲得。大方の予想を裏切る結果で、これがこの年のチームのベストリザルトとなりました。メルセデスPUの恩恵で急成長したウイリアムズですがいよいよ終わりが見えてきて、翌年からポイント争いにも絡めない不振に陥ります。

あれ、てことはウイリアムズ売却前の最後のポディウムは彼ですか?持ってますねー。

とにかく問題だらけの1年目のストロール、表彰台もまぐれ扱いされ、翌年にチームが低迷すると存在を消し、以降はフォースインディア買収の新たなチャプターへと進みます。

彼の存在の功績は、その成長もさることながら、中途半端なペイドライバーを消したことでしょう。彼を筆頭に、現在のF1は大富豪の親族からの確実な資金がなければ参戦できません。でもおかげでチームは安定した資金運営ができ、1人雇えばチームの運営は安泰ですもんね。このトレンドのパイオニアとなった彼ですが、やはり1年目に表彰台を獲得したことで息子は通用するとお父さんが信じられたことが大きいのでしょう。

後年になって大きく評価が変わった2017年のストロールでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました