ザウバー C36 P.ウェーレイン バーレーンGP

ザウバー2017

ザウバー最終章……?

【ミニチャンプス ザウバーC36 P.ウェーレイン バーレーンGP 2017】

メルセデスの秘蔵っ子、ウェーレインの2年目にしてキャリア最後のマシンとなってしまった2017年のザウバー。あまりにも競争力がなく、唯一の見せ場はタイヤ戦略を決めたスペインGPくらいだったと思うのですがなぜかバーレーンGP仕様でリリースされました。不運。

オフシーズンのレース・オブ・チャンピオンズのクラッシュで首を負傷し、開幕2戦を欠場する羽目になったウェーレイン。この間代役の座を射止めたジョビナッツィはその2戦の印象的な走りによって今もキャリアを続けていると思うと、ウェーレインの巡りの悪さが目立ちますね。

この年ザウバーはウェーレインの2度のポイント獲得のみに終わりましたが、スペインGPではSCのタイミングに合わせたタイヤ交換で1ストップを決め、8位入賞を決めました。他が荒れたアゼルバイジャンGPの10位1点だけだと思うと、このレースの奮闘ぶりが光ります。

スポンサーを失うだけ失い、エリクソンのわずかな持ち込みで1年を乗り切った2017年のザウバー。F1 25周年の華やかな記念カラーのその裏、チームは破産寸前だったわけですが無事にアルファロメオへの売却を取り付け、存続への道筋を見つけることが出来ました。

25周年を最後に無事卒業したザウバーですが、近年またアルファロメオがチーム売却の動きを見せているので、金欠ザウバーに出戻りしてしまうかもしれませんね。

後半戦は目立った活躍もなく、移籍もできないままF1キャリアを終えてしまったウェーレイン。オコンとの同期対決はこの時点でオコンに軍配があり、ウェーレインは自分を採用しなかった理由を直接フォースインディアに聞きに行ったともいわれます。

ウェーレインを破ったオコン、そしてそのオコンを破ったラッセルがいて、それでもなおメルセデス本体のボッタスのシートにはまだ手が届きません。ここの育成は厳しいですねぇ……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました