フォースインディア VJM10 E.オコン

フォースインディア2017

見せた本性

【ミニチャンプス フォースインディアVJM10 E.オコン 2017】

2016年、弱小マノーからデビューし連続完走記録を続けたことで、堅実なドライバーとしての評価を確立したオコン。それによって2年目ながら競争力のあるフォースインディアのシートを射止めると、一躍中団の暴れん坊としてアグレッシブな戦いを見せます。

この年のフォースインディアは3強と中団の間の独自リーグのような状態だったので、開幕数戦で上位入賞ができることを悟ったオコンのターゲットは既に名声を確立したチームメイト、ペレスを打ち破って名を挙げることになります。

アゼルバイジャンGPでのペレス撃墜、ベルギーGPでの2度の同士討ちによって、チームオーダーまで発令される事態を生んでしまったオコン。ペレスと速さに優劣があったとは思わないのですが、全てはチームのため、というマインドがペレスにはあったもののオコンは遥かに利己的でしたよね。

ヘルメットもピンクに染めてマシンと一体化したオコンのマシン。本人のルックス・マシンのカラーリングともに優しそうな見た目から繰り出される超攻撃的なドライビングは好きだったんですけどね。連続完走記録がこの年後半のブラジルGPで途切れると、以降はマシントラブルなどもあってリタイアが頻発し、すっかり彼から安定感という印象がなくなってしまいました。

この年の成績は2年目の若手にしては上々だったものの評判はよろしくなかったようで、一転チームが低迷した翌年のブラジルGPで周回遅れながらかつてのライバル、フェルスタッペンと接触して彼の優勝を奪ったことで、世界中から非難を浴びシート喪失の一員ともなりました。

2019年はメルセデスのリザーブでレースを離れ、2020年に同郷のルノーから復帰しましたがこの年の経験の教訓か、あまり無茶なバトルはしなくなってしまいましたね。一発も早くないし安定感もそれほどないし、なんというか没個性化してしまったなぁという印象です。やっぱりチームのためにポイント持ってくる精神がないとキャリアは続かないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました