カテゴリー
スポンサーリンク

ザウバー C32 N.ヒュルケンベルグ

ザウバー 2013

孤軍奮闘

【ミニチャンプス ザウバーC32 N.ヒュルケンベルグ 2013】
孤軍奮闘とはまさにこのこと、資金難のチーム、ひどい作戦、役に立たないチームメイトの環境でポイントを稼ぐ大黒柱として活躍しました。

2012年の活躍を見て、表彰台を期待して移籍してきたヒュルケンベルグ。しかし実態は古巣フォースインディアにも負けるレベルで、苦しい1年になりました。特に前半戦はそのまま残留していれば何度か表彰台争いができていただけに、ポディウムの運のなさを象徴する一台でもあります。

ザウバーはカラーリングはグレーベースに刷新しましたが、2010年のヒスパニアとよく似て資金難に苦しみます。それでも独創的なアイデアで生まれた薄型サイドポッドはこのマシンの最大の特徴で、2011年のモナコGPでペレスが側面から大クラッシュした事故に着想を得たというデザインはマシンの最高速を高めてくれました。

残念ながらドラッグを減らしてストレートスピードを得た分、ダウンフォースが減ってメリットを相殺してしまう弱点もありました。面白いアイデアですが前年のコアンダエキゾーストほど画期的なものではなかったようです。しかしスポンサーが少ないですね。チームを支えたペレスが離脱したことで、ザウバーはアルファに救われる2018年まで火の車体質が続きます。

マシンのセットアップが向上して、終盤戦でようやく速さを見せたこのマシン。ヒュルケンベルグはイタリアGPでの予選3位獲得や、韓国GPで4位獲得と時折光るものを見せつつも表彰台には届かないままでした。結局ザウバーには1年で見切りをつけ古巣インドに戻ってしまいますが、この寄り道の多さがもったいないんですよねぇ。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました