カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ザウバー C30 小林可夢偉

ザウバー 2011

エースとして牽引するも……

【ミニチャンプス ザウバーC30 小林可夢偉 2011】

フル参戦2年目ながらチームを牽引するエースとしての活躍を見せた可夢偉。要所要所で表彰台まであと一歩という活躍を見せてくれました。

開幕戦で7位完走からの失格で始まった2011年シーズン。4位走行中に赤旗中断されてタイヤ交換が可能になったことで抜かれてしまったモナコGPや、逆に赤旗終了すれば2位だったカナダGPと、中団勢では頭一つ抜き出た活躍がありましたがあと一歩で大きな結果に繋がらないシーズンが続きました。

前年はヒーローだった日本GPの予選では130RのDRS全開走法でファンを沸かせました。これはかっこよかったなぁ。さらにQ3ではルールの隙をついて7位獲得しましたが、これはおまけみたいなものですね。肝心のレースではスタートに大失敗し、見せ場のないまま終えました。しかしこの上位グリッドでのスタートは翌年の表彰台に繋がります。

ザウバーはこの年資金難からトレンドのオフスロットルブローの開発を諦めました。シーズン後半右肩下がりに成績を下げていくチームを見るのは辛かったのですが、これがコアンダエキゾーストを生み2012年の飛躍へとつながりました。

この年にいくつかあったチャンスのどれか1つでも結果に繋がっていれば、不運が続いた2012年も、そして現在に至るまでも大きく変わったのかなぁなんて思ってしまう可夢偉の2011年シーズン。2年目のドライバーとして十分に活躍したエースだったと思うのですが、あと一歩のところで運が向いてきませんでした。この年中堅のザウバーで表彰台を獲得していればと思うと、悔しいですね。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました