カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォースインディア VJM04 P.ディレスタ

レーシングポイント・フォースインディア 2011

元祖メルセデスF1の秘蔵っ子

【ミニチャンプス  フォースインディアVJM04  P.ディレスタ 2011】

F3でベッテルを打ち負かし、最年少王者よりも速いという触れ込みで大物ルーキーとして期待されたディレスタ。育成するメルセデスの支援を受けてフォースインディアから参戦し、将来的にはシューマッハの後任も見えていた好待遇のデビューでした。 

味のある極太ノーズを搭載したVJM04で、ディレスタの2011年は可夢偉のライバルとしてポイント争いを繰り広げます。DTMチャンピオンとしてキャリアを迂回してきたものの実力は折り紙つきで打倒ベッテルの本命という評判もありましたが、突出した成績を残したわけではなく前評判に見合う華々しいデビューとはいえませんでしたね。

ディレスタの走りは本当に記憶に残りません。結果を見るとそこそこポイントを取っているんですが、とにかく地味な印象です。本人もキャラクターを含めた明るさが必要だと自覚した2013年は取り組み方を変えたのか、チームが好調だった前半戦のバーレーンGPで表彰台目前まで行きました。これがキャリアベストレースでしょう。

メルセデス式分割インダクションポッドはこのマシンの大きな特徴のひとつでもありますが、全く流行りませんでしたね。リアエンドはマクラーレンと共通デザインが採用されるなど、強豪チームのパーツを採用しマシンはBチーム化しつつも、チームとしての独立は維持したいという意思が見えていた時期だったかと思います。この姿勢は現在のレーシングポイントにまで引き継がれていますね。

残念ながら、2010年代で最も前評判負けしたドライバーの一人となってしまったディレスタ。そこそこ安定してポイントを取るだけでは現在のF1では生き残れません。本家メルセデスもハミルトンの獲得に成功し、DTMに里帰りするほかありませんでした。現在はリポーターとして、レース後連戦連勝するメルセデスにリポートする姿がすっかりお馴染みの彼ですが、世が世なら彼がインタビューを受ける側だったのかもしれません。そう思うと結構心を押し殺してあの仕事に従事しているのかな、なんて思ってしまいます。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました