カテゴリー

ロータスルノー R31 B.セナ

ロータス 2011

世界中が待ち望んだ一人

【ミニチャンプス ロータスルノー R31 B.セナ 2011】
シーズン中に解雇されたハイドフェルドの代役で登場したセナ。JPSカラーのロータスにセナという往年の名コンビで、バイザー越しの見た目もそっくりでした。 

”セナ”の名前がF1に戻ってくるということで、商業的にはこの上ない好機だったわけですがデビューはF1レベルにない2010年のHRTからでした。これだけのネームバリューがありながら中堅チームのシートすら得られなかったのは、なんとも不思議な事です。GP2でもシリーズ2位を獲得していて、決して遅いドライバーだったわけではないと思うんですけどね。

結局F1では2年半の参戦に留まり、最高位は2012年の7位が一回というしがない結果でキャリアを終えました。ロータスとウイリアムズという当時の中堅チームのシートを手にしていますが、いずれもかつてA・セナが乗ったマシンのカラーリングを再現しており商業的な目的が強かったのでしょうね。

そうは言っても、やはりこのカラーリングに乗った彼のヘルメットは近代マシンに乗るセナを彷彿とさせます。しかし残念ながら印象に残るレースはなく、あまりB・セナのレースというものが記憶に残っていません。さながら、シーズンを通してデモランをしていたような印象です。

所縁あるロータス、ウイリアムズは彼の持ち込み資金ではやっていけないほどの金欠で、マクラーレンはWチャンピオン体制というこの上ない最強布陣を敷いていたことで彼の居場所はありませんでした。これだけアイコニックな存在で世界中のファンが望んだ名前の復活ながら、フルシーズンで3年も走ることができなかったのは何とも悲しいことですね。彼以降の大物2世は自分でF1での居場所を作れるよう、育成チームからの丁寧なバックアップと共にデビューしている印象です。「ただ有名な名前をF1に連れてくればいいわけではない」という彼の失敗は後世に生きていると思いたいですね。

とても嬉しいことに、WECで富士に来ていた時にミニカーにサインを貰うことができました。F1レースでの記録が薄いとはいえ、鈴鹿で現地観戦したドライバーからサインを貰うことができたのはとても嬉しいです。更にセナからサインを貰ったなんて、一生ものの経験ですからね。宝物の一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました