カテゴリー
スポンサーリンク

HRT F111 V.リウッツィ

HRT 2011

史上最高のカラーリング

【スパーク  HRT F111  V.リウッツィ 2011】
今は無きHRTチームが資金集めに考えたカラーリングがこのF111です。全身に広告募集中と掲げチェッカーフラッグをあしらったこのデザインは、有名デザイナーに依頼しただけあって素晴しい見栄えです。見栄えだけは。 

参戦2年目にしてチームは存続の危機に陥り、プレシーズンテストもままならず開幕戦でシェイクダウン、2戦目でようやく出走が認められるなど末期状態だったHRT。税関にパーツを止められてテストもできないなど、破産との激しい戦いだったシーズンです。

ダラーラのシャシーから自社製作マシンへの切り替えを目標にトヨタとの技術提携を申し込みましたが合意に至らず、なんとか自力でマシンを作り上げたものの競争力は皆無でした。ウイリアムズ製ギアボックスを搭載しましたが効果がどれだけあったのかはわかりません。

サイドポッドに大きく掲載された「This could be you」。こんなの初めて見ました。リアウイングの「Cool Spot」 もなかなかいい味出しています。これだけスポンサーの募集をしながらシーズンを通してスポンサーは付かず、結果マシン同様にチームがチェッカーを受けてしまったのは何とも面白いお話です。HRTは進歩する可能性を微塵も感じなかったので好きではなかったのですが、このマシンはカラーとその前後のいきさつを含めてコレクション加えています。

マシン開発もままならない資金状態ながら、デザイナーを雇っただけあってカラーリングは素晴しいF111。参戦価値がほぼないチームでしたが、リカルドのデビューのためレッドブルがシートを一つお買い上げしてくれました。これがあってチームは翌年に延命できた気がします。かつての中堅弱小チームは若手を青田買いしてトップチームに売り込んで資金を確保したものですが、今ではトップチームが青田買いした若手ドライバーにシートを売って生き延びるのが常用手段です。近代F1でそれを始めたのがこのF111とも言えるでしょう。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました