カテゴリー

2011年チャンピオン S.ベッテル

World Champion Collection レッドブル 2011

圧勝劇

【ミニチャンプス RB7 S.ベッテル モナコGP 2011】

前年チャンピオンになったレッドブル・ベッテルが連覇に挑んだ2011年シーズン。オフスロットルブローを武器に支配的な成績を残します。

全19戦で行われた2011年シーズン、前年悩ませた信頼性の問題を克服してオフスロットルブローを搭載したRB7は敵なしで、ベッテルが先行逃げ切りを繰り返し勝利を重ねていき、半数以上となる11勝を挙げて楽々とタイトルを獲得しました。

マクラーレン勢が3勝ずつを挙げ一矢報いますが大勢に影響はなく、残り4戦を残してチャンピオンを決めました。しかしシーズンを完全勝利したかと思いきや、完走したレースでは唯一母国ドイツGPでミスから表彰台を逃してしまい、プレッシャーからか母国での弱さが際立つ場面もありました。

2010年のトレンドだったブロンデフューザーは更に進化し、スロットルオフ時も排気を出してディフューザーに吹き付けることでラップを通して驚異的なリアの安定感を生みました。特に予選での速さはすばらしく、ハミルトンに敗れた韓国GPを除いてレッドブルは19戦中18戦でPPを獲得しています。

苦手とする母国を除いて、カレンダーの半数を制した2011年のベッテル。伝統的なクラシックサーキットでの勝利をいくつも逃してしまいましたが、伝統のモナコGPでは1ストップで首位を走行し、後方にタイヤの新しいアロンソ、バトンを従えて抑え続けたことで赤旗中断によるタイヤ交換のチャンスを獲得。モンテカルロ初制覇の栄冠も手にして最年少連覇のタイトルに箔をつけました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました