トロロッソ STR14 A.アルボン

アルファタウリ・トロロッソ 2019

1年待たずにトップチームへ

【ミニチャンプス トロロッソSTR14 A.アルボン 2019】

F2で活躍しながらもF1のシートを得られずFEへのデビューが決まっていたアルボン。リカルドの電撃離脱による玉突き人事で急転直下トロロッソからのデビューが決まり、そのままシーズンの話題の1人となりました。

1955年のプリンス・ビラ以来なんと64年振りのタイ人ドライバーとなったアルボンですが、最初はトロロッソの数合わせドライバーという印象がありました。しかしシーズンが始まると速さを見せるだけでなく傑出したオーバーテイクの上手さを見せ、一気に中団ドライバーの中心の1人へとなっていきます。

入賞回数は前半戦12戦で5回、最高位は雨のドイツGPでの6位と、そこまで特出すべきものはありません。記録よりも記憶に残るタイプなのでしょうか。そのドイツGPでは先輩レッドブルのガスリーからの追突を受けての入賞と、シート交代が強く印象付けられたシーンもありました。トロロッソのレッドブルへの追突は深刻なミスですが、逆はあり得ないミスですからねぇ…。

そうして夏休み中にガスリーとの交代が発表され、デビューからわずか半年でトップチームでレースすることになりました。しかしクビアトではなく彼が選ばれた理由は正直謎ですよね。クビアトは一度レッドブルを首になっているとはいえ復帰後に表彰台を獲得して結果を出していましたし、ドライビングスタイルが似ているからという曖昧なコメントも憶測を呼びます。トロロッソへの復帰は許されてもレッドブルは一度離れると二度と戻れないのでしょうか。

F2で3位を獲得しながらF1のシートを獲得できなかったその1年後、レッドブルのトップシートに座っているとは1年で物事は大きく変わるものです。残念ながら表彰台をまだ獲得できていませんが、ブラジルGPでのハミルトンの追突がなければこれも実現していたことでした。この年はトロロッソも躍進し、レッドブルファミリーでは彼だけが表彰台に乗れていなかったので、次のシーズンではマストな結果ですね。ノリス・ラッセルと並んで将来有望な2019年ルーキートリオの一人なのですが、レッドブルはフェルスタッペンの隣で彼をどう扱うつもりなのかよくわかりませんねぇ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました