2020 F1 ひと言シーズン予想 答え合わせ

Others

シーズン前にこちらの記事で2020年の展開を予想していましたが、最終戦が終了したので答え合わせです。各チーム2トピック20点満点で予想しましたが、果たして何点取れているでしょうか。半分くらいはスコアしたいものですが……。

メルセデス

予想:ハミルトンはコロナの休暇影響で引退を示唆、ボッタスは優勝を挙げるも契約更新ならず。

正解:ハミルトンは連覇し残留へ、ボッタスも優勝して早期に残留を決定。

両方とも外れました。メルセデスはコンストだけでドライバーズタイトルは逃すと思っていたのですが、こちらも不正解。今年のメルセデスは圧倒的に強かったですね。ボッタスの残留は契約があれどだいぶ怪しくなってきていますが……。

フェラーリ

予想:競争力不足とマシントラブル頻発で、ドライバーの内紛すら起きない。

正解:競争力不足もメカニカルトラブルは少なく、ドライバー内紛もなかった。

とにかく遅かったフェラーリですが、信頼性のトラブルはほとんどなく両ドライバートラブルでのリタイアは1回ずつのみでした。内紛すら起きない深刻な低迷で、第2戦で同士討ちがあったもののチーム内でバチバチという雰囲気ではなかったですね。まぁベッテルの離脱が決定していたので争うまでもなかったのでしょうけど。甘目に2点かな。

レッドブル

予想:フェルスタッペンが初タイトル獲得、アルボンの初優勝はお預け。

正解:フェルスタッペンはタイトル獲得ならず、アルボンも表彰台止まり

アルボンのみ1点得点。レッドブルホンダの開幕直後のメルセデスとの差は予想外でした。最終戦では独走するに至ったものの、タイトルまでの壁はまだ厚いようです。しかしアルボンの成績は予想通りだったとはいえ、開幕前にシート喪失までは予想できませんでしたねぇ。彼のキャリアもジェットコースター並みに激しいです。

マクラーレン

予想:ルノーPUのトラブル頻発で前半戦のみの活躍、ランキング4位は辛うじて死守

正解:シーズン通して安定した活躍、フェラーリの低迷もありコンスト3位を獲得

ポジティブに予想が外れて0点です。マクラーレンはルノーの嫌がらせもあまりなく、ノーズデザインの変更で後半にかけて一時的に落ち込んだものの見事に復調しました。望外の3位獲得でしたが、フェラーリの低迷が予想できたのにコンスト3位にこのチームを予想できなかったのは失敗だったかなぁ。

ルノー

予想:リカルドの覇気が消え、後がないオコンは中団のクラッシャーとしてよくハースと絡む。

正解:リカルドは2度の表彰台でチームを牽引、オコンは地味ながら初表彰台を獲得

こちらもいい意味で予想が外れました。リカルドはやる気十分でしたし、オコンもレースペースが上がらなかったもののミスのない安定感を見せ表彰台を獲得。低迷していくかと思いきや、チームのワークス体制をしっかり整えていくという意思が見えました。これが40年以上F1を続ける名門の強さなんでしょうね。全くのサプライズでアロンソの復帰とアルピーヌへの衣替えがあり、開幕前とはまったく予想外の方向に進んだチームです。

アルファタウリ

予想:昨年ほどの活躍はなく、チーム売却の噂が持ち上がる。

正解:大金星のチーム2勝目を記録し、レッドブルの姉妹チームとして体制強化

レッドブルはフェルスタッペンに注力して育成はもう止めていくのかなと思っていましたが、ガスリーを擁して姉妹チームとして、育成チーム以上の役割を与えられることになりました。もちろんドライバー育成の本分も忘れず、来年はグリッド最年少の角田を採用。レッドブル軍団は縦の繋がりから横のつながりへと進化し、来年は4台でのポイント獲得が当たり前になるかもしれません。

レーシングポイント

予想:2012年ザウバー並みに上位争いに顔を出し、ペレスが複数回表彰台獲得。

正解:3位争いの主役として頻繁に上位を走行、ペレスが初優勝を記録

予想以上に活躍しましたが、一応予想通りではあったので2点獲得。ピンク・メルセデスとはよく言ったもので、マシンは3番手としての速さを持っていましたがオペレーションの未熟さやストロールの不安定さが災いしコンスト3位を逃してしまいました。メルセデスであってメルセデスにあらずといった感じ。ペレスは長年このチームに尽くした分、トップチームへのシートが開けてよかったです。

アルファロメオ

予想:ライコネンがあっさり契約更新、ミックの謎のF2躍進でジョビの将来に暗雲。

正解:ライコネンがあっさり契約更新、ジョビもミックを押しのけシートを維持

1点獲得。ライコネンの契約更新発表は少し長引きましたが、本人は迷いがなかった様子。ジョビの継続は完全に予想外で、誰もがミックと入れ替わるだろうと思っていましたが彼をハースに追いやってシートの維持に成功しました。フェラーリは資本関係を無視してハースとの関係を優先するのかなぁ。チームとしては昨年より大きく成績を落としており、来年は更なる苦境に陥ることになりそうです。

ハース

予想:マグ・グロコンビからオコンを加えたクラッシャートリオへ、16年並みの成績。

正解:クラッシュは少なかったものの安定して遅く、チーム史上ワースト成績を更新

0点です。ハースは予想以上に低迷しました。両ドライバー1度ずつの入賞でわずか3点止まりです。クラッシュが減ったことでチームとしての問題点が浮き彫りになり、この体制の限界を見た気がします。来年は両ドライバーを一気にルーキーにチェンジするなど、やることがとにかく極端なんですよね。ミックの面子のために、フェラーリが本腰を入れてテコ入れするのでしょうか。

ウイリアムズ

予想:ウイリアムズの名前はシーズン終了まで残り、ラッセルはメルセデス昇格。

正解:ウイリアムズは売却されるも名前は残り、ラッセルはスポット昇格もチーム残留

チームの売却に関しては予想通りの動きを見せましたが、ラッセルのキャリアは予想から大きく外れました。残留は悲しい結果でしたが、ハミルトンの代打でメルセデスデビューしたサクヒールGPではサプライズな大活躍。一時はシート喪失の噂が流れましたが、見事な大逆転を見せてくれました。1点。

スペシャルなシーズンに加えて大物たちのサプライズ移籍が多かった2020シーズンですが、予想の結果は20点7点獲得。3割しか予想が当たりませんでした。うーん、難しいですね。来年は2022年の新規定を目論み体制安定を目指すチームがほとんどでしょうから、堅実な結果を予想したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました