2014 ロシアGP 感想

GP感想

初開催のロシアGP、プーチン大統領も来るなど国家の威信をかけての開催です。
サーキットレイアウトからつまらないレースが予想されましたが、やはりその通りに。この2コーナーで全てが決まってしまいました。
コンサバなタイヤでピットも少なく、チェッカーを見てやっと終わったかという感想。個人的にスペインと並ぶワーストレースです。

そしてコンストラクターズチャンピオンがメルセデスに決定。長きに渡るレッドブル時代の終焉です。引継ぎを感じさせるこのシーンが今日一番のハイライトです。

残りは3戦、ハミルトンのリードが広がる中、ニコはアブダビのWポイントに賭けるしかなくなりつつあります。
次ハミルトンが勝てば残りを2位でもタイトルなので、アメリカは天王山になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました