今年のミニカー ベスト&ワースト 2014

Others

2014年も残すところあと2日となりました。
例年以上にミニカーを買いブログまで始めたこの1年、買って良かったと思うミニカーを順に紹介しつつ、今年を締めくくりたいと思います。

第5位

【spark  ロータスE22 P.マルドナード 2014】
8月の夏休み中に発売されたこのマシン。シーズン途中のこの時期に、その年のマシンが出るのは数年ぶりで驚きました。
今年を象徴するノーズの1つ、フォークノーズ搭載マシンで、出来も良く発売時期のこともあり予定外に買ってしまいました。このsparkの攻勢を受けPMAも発売時期を早めるなど、コレクターにいくつもの恩恵をもたらしたことでランクインです。

第4位

【PMA メルセデスW04 L.ハミルトン 中国GP 2013】
2013年で一番かっこいいマシンだと思っていたW04ですが、ミニカーの出来もよくお気に入りの車です。日本での発売はシーズン中盤でしたが、海外では5月頃に出荷されており早めに手に入れることができました。そんなこともあって、ブログ開始直後のアクセス源になってくれていたのも愛着ポイントです。

ベスト3の発表、の前にワースト3の発表です。
ミニカーは基本的に買って手にした時の満足感が魅力ですが、様々な要因で満足感が減ったり、時には失望が満足を上回ることもありますね・・・


ワースト3

【PMA ザウバーC32 小林可夢偉 日本GP 2012】
ミニカーへの不満点はウェザリングが雑なことくらいで、可夢偉唯一の表彰台マシンとあってコレクションに加える満足感は大きいです。
しかしとにかく発売が遅かったのがマイナスポイント。9月に発売した時は可夢偉がベルギーGPでシートを失った最悪のタイミングで、日本GPへの出走もはっきりせず、表彰台から丸2年も空いており、感動も薄れてしまいました。

ワースト2

【アシェット フェラーリF60 G.フィジケラ 2009】
11月発売。フィジケラ感動のフェラーリ入り、量産ミニカーとしては初のモデル化で、フェラーリコレクションの中でも人気上位だったマシンです。
出来は満足できるレベルには程遠いですが、値段を考えると納得できるレベルでしょうか。シリーズ序盤は昔の金型を再利用していたようで出来も悪くなかったのですが、新しいマシンは金型をケチったのか出来が悪いです。
そんなマシンですが、とにかく入手が困難で予約するのも一苦労でした。手に入れるまでの苦労が満足に見合わずランクインです。

ワースト1

【spark  レッドブルRB10 D.リカルド 2014】
今年最大のがっかりミニカーといえばこれでしょう。黄色がオレンジ、青が紫と全体的に赤みがかかっており、実車とは異なる色合いに見えます。
今年のPMAの値上がりと、レッドブルが出ることもありspark主体に切り替えたコレクターはたくさんいると思いますが、やはりPMAにするべきかと悩みの種になったのではないでしょうか。私もその一人です。
後発だったPMA版のRB10は出来が素晴しく、spark製のベッテルモデルは投売りされているところもあります。安物買いの銭失いとはまさにこのことですね。
来年は実物の写真を見てから買うかを決めようと思います。

さて今年のミニカー、個人的ベスト3の発表です。

第3位

【PMA レッドブルRB9 M.ウェバー 2013】
確か年明けすぐに発売されたRB9。レッドブルは例年数多く出回るので値下がりしたら買おうと悠長に考えていたらまさかの品薄です。
なんとかウェバーを確保しましたが、ベッテルは資金確保した頃にはどこも品切れでした。しかし引退ブラジル仕様やドイツ優勝仕様が出るそうで、無事手に入りそうです。
品質低下が騒がれていた時期のモデルですが、私のモデルは問題なくいい出来です。昨年からのパープルカラーも綺麗に再現されており、高級感が出ています。品薄のこともあって手元にある満足感は大きかったです。
この出来栄えに慣れてしまったのでsparkの出来に何の不安も抱かなかったわけですが・・・

第2位

【spark  ウイリアムズFW36 V.ボッタス 2014】
2014年個人的ベストカラーリングのマシン。ドライバーもお気に入りのボッタスです。
ミニカーの出来もsparkの中では最も良く出来ていると思います。弱点だったヘルメットの出来も気に成らない程度に良く出来ており、今後のsparkに期待を持たせる一台です。
来年のウイリアムズはスポンサーが豊富になり、喜ばしいことですが今年ほど統一感のあるカラーリングにはならないと思うので、しばらく近代ウイリアムズベストカラーのマシンとなるはずです!

第1位

【PMA レッドブルRB10 S.ベッテル 2014】
今年最も気に入ったミニカーはこれ、RB10です。
デビューから毎年PMAでモデル化し、ヘルメットコレクションまで発売されたベッテル。来年はフェラーリ移籍でマテルからのモデルカーとなるため、PMAベッテルはこれで最後です。
移籍を発表した鈴鹿直後の発売というタイミングもよく、ミニカーの出来もレッドブル・ベッテルの集大成というような素晴しいもので、特にフロントウイングの作りこみはsparkとの経験の差を見せ付けました。やっぱりミニカーはPMAがいい!と思わせるだけの魅力がこのマシンにはあります。
そんなわけで、このマシンが今年の個人的ベストでした!

今年は新車が大量に発売されたので資金難に苦しみました。
しかし揃ったミニカーを観ると満足感が堪りません。これぞコレクションの醍醐味ですね!

急激な値上がりやPMAの品質低下など不安なニュースで迎えた2014年ですが、sparkの攻勢もあって競争状態になり発売が早まったほか、PMAも持ち前の質の高さを見せ付けてくれるなど、問題が解決に向かう希望も見えてきました。
2015年もペースを維持しつつ、値段が下がってくれると嬉しいですね。 

コメント

  1. 黒男 より:

    今年のマシンはノーズ変革ゆえに、眺めていて楽しいです。5年後、10年後にまたふと眺めて、こんなノーズあったなw なんて思うのでしょうね。
    個人的には造形の面白さという観点でCT05もベストのランクに入れたいです。
    FW36は納得の格好良さですが、まだ買ってません…。年明けてて残ってたら買いたいですね。あとノンアル仕様も意外にカッコ良くて、こいつも欲しくなってしまいました。

  2. てぃーあい より:

    >黒男さん
    例年は好きなドライバーや活躍したマシンを買うんですが、今年は造形で選んで買う方が多かったですね。CT05も購入していればランク入りしたと思うんですが縁がなくまだ手元にありません・・・
    FW36は本当にオススメです!ふとマッサ車やノンアル仕様まで買ってしまいそうで自制心が求められます笑

タイトルとURLをコピーしました