今年のミニカー ベスト&ワースト 2015

Others

無事2回目を迎えることができました、年末のミニカー振り返り記事。
今年買ったミニカーをランキング形式で振り返ります。

第5位

【spark ウイリアムズFW36  F.マッサ アブダビGP  2014】

ミニカーがどうのこうのというわけではなく、単純に初任給で買ったミニカーなのでランクイン。高校受験の勉強中にF1を見始めましたが、ついに就職して給料をもらうようになりました。
人生のマイルストーン的な一台ですね。もっといいミニカーがあった気もしますが笑

第4位

【PMA トロロッソSTR10 M.フェルスタッペン 2015】

今年のベストルーキーだったフェルスタッペンのデビューマシン。高い買い物でしたがそれだけの満足感を与えてくれます。
アンテナの長さが気になりますがメタリックブルーの映える出来のいいミニカーです。テレビで活躍を見て気に入り、ミニカーを買って手元に飾るという王道の楽しみを久しぶりに堪能できました。

第3位の発表・・・の前に、今年買って失敗したなと思うワーストミニカーの発表です。 


2015年ワースト3

【spark レッドブルRB11テストカー D.リカルド 2015】

まずはこれ、レッドブルテストカーリカルド車。ミニカーの出来は素晴しく、近年のsparkの中では一番お気に入りの一台です。
が、クビアト車がテストで使用した計器装置をつけたバージョンで追加発売されるとのことで、それならこれ買わなくてよかったじゃん、とランクイン。
リカルド車の売れ行きが好調だったからこそ実現したんでしょうけどね。

ワースト2

【ルックスマート フェラーリSF15-T S.ベッテル 2015】

これは賛否両論ありそうですが、個人的にはNot Good な一台。PMA並とはいえsparkに出すには高すぎる金額で、手元に届いてもそれほど感動できるミニカーではありませんでした。
後発のブラーゴの出来が良かったことも追い討ちですね。ブラーゴの追加モデルが1/18同様ドライバーフィグ付きなのであれば、来年はこちらを買わなくても十分満足できるかもしれません。

ワースト1

【PMA マクラーレンMP4-20  J.P.モントーヤ 2005】

今年最もいらなかったミニカーはこちら。静岡ホビーショーのミニカーくじで引き当てたモントーヤたち。ケースもボロボロでケース取りにも使えません。改造しないのでパーツ取りにも使いません。
10年前のモデルながらなぜか今年sparkから連発されたモントーヤ。インディ500では優勝を挙げ、シリーズの王座獲得まであと一歩のところまで迫りましたし、今年は彼の年だったのかもしれませんねぇ。

さてランキングにもどります。

第3位

【spark  ヘスケス308C  J.ハント 1975】

チャンピオンマシンを除いて初めて買ったクラシックF1マシンのミニカー。RUSH公開から数年経っているとはいえ、まともなヘスケスミニカーの発売はファンには嬉しい出来事でした。金型を持っていながら今になって映画バージョンを発売したPMAの遅さが浮彫りになりますね。初優勝の308Bも発売が控えているので、ハントコレクションはこれからも楽しめそうです。

第2位

【ブラーゴ フェラーリSF15-T  2015】

マテルからの権利委譲がブラーゴだと発表された直後は先行発売されたF2012らの出来が散々だったこともあり、どうなってしまうんだと不安に苛まれましたね。
蓋を開けてみれば廉価ミニカーとしては十分な出来栄えで、価格の安さと期待値の低さも相まって、買って満足できた一台です。
評判が良かったのか、各ドライバー仕様のものが追加アナウンスされています。今年最も大番狂わせだった一台では無いでしょうか?

第1位

【PMA  メルセデスW05  N.ロズベルグ 2014】

2015年、今年最も買って良かったと思えるミニカーは、2月発売のメルセデスW05でした。昨年のチャンピオンマシンで、sparkは2014年内に発売しましたが、PMAは半年近くも遅れ年を跨ぐ羽目になりました。
それでも待っただけの甲斐があり、散々sparkの14年ミニカーに悩まされた自分にとってはPMA一本化を決断させる出来栄えでした。
何度も心折れかけてsparkを買おうと迷いましたが、我慢しただけ満足できるミニカーでしたね。

PU導入でF1大改革が行われた2014年は、PMAの値上げとspark攻勢によりミニカー市場も大きく変化する年となりました。そして今年はその2社の競争に加え、フェラーリの版権委譲に伴うブラーゴ・ルックスマートの参戦と、ホンダ復活の影響でエブロからもマクラーレンが発売されるなど、従来のPMA+マテルフェラーリの構図は完全に崩れたことを感じる年となりました。
ES別注の連発もあり1台買うのにもメーカー・バージョンに多くの選択肢が生まれたことは喜ばしいですが、値上げに歯止めが掛かりませんから出荷台数増は見込めず、数年もしないうちに数社に集約されていくのではないかと思います。
今は少しばかりの勢いを感じるF1ミニカー市場ですが、最後の灯火な気がして怖いですね。

さて、これで年内最後の更新となります。
次は福袋の結果報告かな?
皆さま、よいお年を~ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました