2017 モナコGP 感想

GP感想

待望のフェラーリ1-2

フェラーリがモナコGPで2001年以来の優勝。1-2フィニッシュも2010年以来となります。
本当に久しぶりの光景ですが、やはり赤いマシンが先頭をランデブーする様は画になりますね。前半はとても退屈なレースでしたが、この2台が先頭を走っているというだけで見る価値がありました。

昨年の決勝から今年の予選までモナコGPでは不運に見舞われ続けてきたリカルドですが、オーバーカットを決めて2戦連続3位表彰台を獲得しました。
今回のレッドブルはこれまでのレースのようにフェラーリとメルセデスに対して明確に後れをとっていたわけではなく、スキを突かれたボッタスや終盤追われたライコネンのように、今後のタイトル争いに大きな影響をもたらしそうです。
モナコGPのコース特性があっていたのかもしれませんが、リカバリーのスピードはさすがレッドブルですね。

復帰戦となったバトンは接触によりリタイア。正直彼のレースはウェーレインのアンセーフリリースに捕まった時点で終わっていたので、多少強引にでも仕掛けた気持ちはわかります。
シミュレーションのみのぶっつけ本番でどうなることかと思いましたが、予想以上の力走を見せてくれました。ホンダのPU問題がなければ・・・という予想通りの結果に終わったのは残念です。
入賞目前だったバンドーンもSC明けの冷えたタイヤでミスしてクラッシュリタイア。こういうことをしないドライバーだと思っていたのですが、正直これではエリクソン同レベルなのではないかと・・・

08年以来となるPPスタートで優勝が期待されたライコネンですが、作戦の差で負けてしまいました。これが続けばいつかは優勝のチャンスが巡ってくるとは思うのですが、こうした1-2の状況ではベッテルが優先されるのでしょうね。マルキオンネ会長の「ベッテルは好きなだけフェラーリにいていい」という発言からも彼が寵愛を受けていることは明らかです。
今年のベッテルは絶好調で変なミスをせず淡々と上位に来ますから、ライコネンがロシアGPのボッタスを再現するのは難しそう。さっさとベッテルが王座を決めた終盤戦までノーチャンスもありえそうですねぇ・・・

コメント

  1. 黒男 より:

    ライコネンの優勝するチャンスは(年齢的に)何回もないでしょうから、モナコ優勝見たかったです。でもチャンピオンシップを考えるとベッテルにポイントリードさせるのは普通ですかね。何れにせよ、強いフェラーリがいるF1は観ていて気持ちのいいものです。
    バンドーンはどう評価すればいいかわかりませんねぇ
    欲を言えば、スタートではハミルトンを抑えて欲しかったですが、フェルスタッペンも1、2年目はDNFでしたし、新参者のモナコに過度な期待はしない方がよさそうです。

  2. てぃーあい より:

    >黒男さん
    ライコネンの優勝見たかったですよね。しかしライコネンに残されたチャンスよりフェラーリがタイトルを取るチャンスの方が少ないように見えるので、仕方ない判断だったのかなと。。。
    バンドーンはよくわからないですよね。
    アロンソは不満を外に爆発させてストレス発散できていますが、彼はそれがない分この停滞への焦りがレースに出ているようにも見えます。心配です。

タイトルとURLをコピーしました