カテゴリー
スポンサーリンク

ロータスルノー R31 N.ハイドフェルド

ロータス 2011

悲しい最後

【ミニチャンプス ロータスルノーR31 N.ハイドフェルド 2011】

2009年にBMWの撤退でシートを失い、同郷メルセデスに身を寄せたハイドフェルド。しかしシューマッハの復帰によってレギュラーシート獲得はならず、ザウバーとロータスで流浪のキャリア終盤を迎えます。

クビサの事故で急遽空いたシートをセナとの争いに勝って獲得したハイドフェルドですが、2010年後半に直前までザウバーでレースしていた経験を買われてのことだったのでしょう。BMW時代にクビサに敗れてキャリアが大きく下降してしまったハイドフェルドにとって、彼の代役は自身の才能を示す最後のチャンスでした。

第2戦マレーシアGPでは3位表彰台を獲得するも、その後は上位争いどころかペトロフと遜色ない成績が続いてしまい、後半戦からはセナにシートを奪われてしまいました。最後のレースはマシンの出火によるリタイアで、チームとは解雇を巡って裁判沙汰になるなど、泥沼の引退となってしまいます。

マシンに合わせてヘルメットも黒ベースにしたハイドフェルドでしたが、元々堅実な走りが災いして地味だった彼のレースがさらに地味な印象になってしまいます。ドイツGPではブエミに追突してしまうなど、キャリア終盤の焦りなのか全盛期の精彩を欠くレースが続いてしまいました。

BWM時代のザウバーを支え、2007年から41戦連続完走という最多記録を持つハイドフェルド。その堅実な走りでコンピューター・キッドとも呼ばれましたが、下馬評を破って優勝をすることはできず数多くの2位獲得でシルバーコレクターとしてF1を去りました。決して華やかなキャリアではありませんでしたが、ワークスチームの一つを大黒柱として支えた彼にとってロータスでのぞんざいな扱いは何とも悲しい最後でしたね。

余談ですが、2015年にロンドンに旅行に行ったときロータスショップに行くことができました。店内にはE20のショーカーが吊るされていて、下から見るとR31の前方排気が見ることができました。今はお店が存在するのかもわかりませんが、前方排気を下から目視できるレアスポットだったのではないかと思います……。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました