フェラーリ SF90 S.ベッテル

フェラーリ 2019

辛うじて1勝

【ルックスマート フェラーリSF90 S.ベッテル シンガポールGP 2019】

最初に紹介するミニカーはせっかくなので一番新しいものにしました。先日発売されたばかりのSF90 シンガポールGP優勝車にして、2019年ベッテルの唯一の優勝マシンです。

コロナ禍に隠れていますが、2019年のフェラーリの戦いはそれはもうひどいものでしたね。オフのテストでトップタイムを連発したものの開幕戦ではその速さがめっきり失われてしまい、レース中の無線でドライバーからなぜ遅いのか問われてしまう始末です。後半戦の高速サーキットではエンジンパワーを武器にポールを連発するようになりますが、その頃には既にタイトル争いの大勢は決していました。

しかし昨年のフェラーリはこのチームにしては珍しくシーズン後半のアップデートを成功させ、シンガポールアップデートと呼ばれた空力パッケージはエンジンパワーによる最高速の強みに加えて中低速の速さも向上し、1年間苦戦を強いられたベッテルに勝利をもたらしました。この点は昨年のフェラーリで評価できたポイントでしょう。もっともこの勝利の経緯でチームは遺恨を残し、翌戦ではそれが仇となってメルセデスに勝利を譲ってしまうのですが…。

この年からレッドブル同様フェラーリもマッドカラーを採用しました。発表会でコンマ1秒でも削るための措置だと説明され、テストでの好結果はその証明かと思っていましたが、実際はそんなに影響はなかったのかもしれませんね。SF90は成功した開発もあったのでしょうが、とにかくエンジンで何をやったのかしか注目を集めません。PU不正騒動はすっかりコロナ禍に隠れつつありますが、それに隠れたチームの数々のオペレーションエラーこそ深刻な問題だと思うんですけどね。

さてすっかりチームとマシンの話ばかりになってしまいましたが、この年のベッテルはすっかり2018年までのライコネンのような印象になってしまいました。ルクレール陣営の作戦ミスのおこぼれに預かるように1勝を挙げ未勝利は避けられましたが、どうしてもルクレールに負けた印象が強く残ってしまいます。

速さはあるドライバーであることは間違いないものの、今求められているのはハミルトン・メルセデスに勝てるドライバーです。彼の挑戦権は2018年が最後だったのかなぁと、今となっては思ってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました