カテゴリー
スポンサーリンク

ロータスルノー R31 V.ペトロフ

ロータス 2011

まさかのチームエースに

【ミニチャンプス ロータスルノーR31 V.ペトロフ 2011】

お財布としての役割でシートを維持したペトロフでしたが、エースクビサの衝撃的な事故によってチームを牽引する立場になります。

オフシーズンにクビサがラリーの事故で負傷離脱を強いられたことで、チームは急遽代役にハイドフェルドを採用しますが、前年から継続してドライブしていたペトロフはマシン開発のかじ取りに重宝されることになります。

独特な前方排気システムの優位性があったのか、マシンは序盤戦ではそこそこの競争力を示し、開幕戦ではペトロフが自身唯一となる3位表彰台を獲得しました。前年最終戦でアロンソを抑え切ったことで自信がついたのか、珍しくミスのない見事なレースだったと思います。

しかし好調は続かず、ルノーワークスの財政支援もなくなったチームはずるずると右肩下がりに成績を落としていきます。やはり2年目のペトロフにマシン開発は荷が重すぎたのでしょうね。

翌年は復帰したライコネンとグロージャンにシートを奪われ、ケータハムに移籍し1年限りの出走でF1を去ったペトロフ。3位1回と残した成績に対して記録したクラッシュがあまりにも多く、ペイドライバーとしての印象が強い彼ですがロシア人F1ドライバーを誕生させた功績は大きいです。現在ロシア人の後輩には続々と有能なドライバーが現れ、皆F1まであと一歩のところに迫ってきています。表彰台1回のドライバーですが、大国からの開拓者としては十分な成績だったのではないでしょうか。

余談ですが、2016年WEC富士を見に行ったときピットウォークでサインをいただきました。2台持っているサイン入りのうちの1台で、私にとって貴重なミニカーです。大学でロシア語学んでいたこともあって、つい親近感を感じるドライバーなんですよね。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました