2021 F1ミニカー福袋 ①

福袋

新年明けましておめでとうございます。今年も福袋の季節がやってきましたね。今年は帰省もしてないし外も感染が怖くて出れないし、引きこもってやることといえばこれくらいしかなかったのでいくつも買いました。今年はいい年になるといいのですけれど……。

新年最初に手にしたミニカーは2011年のハミルトン。ウェバーとの首位争いを制したドイツ仕様ですね。今のハミルトンにとっては珍しい絶不調のシーズンでしたが、このレースは気迫がありました。

続いては2011の可夢偉テスト仕様。オンボードカメラの上に計器がついています。別注品でしたよねこれ。手放した可夢偉のスパーク製ミニカーの回収は今年の目標だったので嬉しいです。モナコ仕様は年内に手に入れます。

続いてはBT44のオペル車。知らないドライバーですが唯一のリヒテンシュタイン出身ドライバーにして自動車メーカーオペルの創始者一家らしい。へぇー。BT44ならベルギー仕様かカルロス・パーチェのマシンが気になってるんですけどねー。

次はローラのチーバー。1986年唯一の出走レースですが、こんなマイナーなものまでスパークはモデル化してるんですね。一瞬ブラバムのファンカーを期待しましたがそううまい話もなく。でもコレクション初のローラのマシンとなりました。

2020年マシンのテスト仕様が早速福袋入りしていて驚きました。今年は案の定本戦仕様の方ばかり売れているのでテスト仕様は投げ売り対象になるだろうなーと思っていましたが、こんなに早くお目にかかるとは。ペレスのマシンはサクヒールGP仕様の予約開始待ちの状態なので、万が一の時でも取り逃すことがなくなり一安心です。

今回の当たり枠は2020年のサインツ車。新車はミニチャンプス派なのですが、やっぱり新しいものが手に入ると嬉しいです。しかし聞いていた通り多くのロゴは自分でデカールを張り付ける必要があるので、少々面倒ですね。サイドポッドのブルーも安っぽい色味な気がする……。マクラーレンも今年はマッドカラーなので、このブルーもメタリックじゃなくなったのでしょうかね。

さて、2021年は長く生活を共にしたデアゴスティーニのF1マシンコレクションの定期購読が終わりを迎えますので、ミニチャンプスの新車を買う以外にもスパークのクラシックモデルに手を出していこうと思っています。目標通りスパーク製ミニカーが増えたので、幸先の良いスタートとなったのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました