メルセデス W10 L.ハミルトン

メルセデス 2019

強すぎてあまり印象がありません。

【ミニチャンプス メルセデスW10 L.ハミルトン 2019】

2019年を制したハミルトンのミニカーです。赤いHaloをつけてラウダの追悼のために戦ったモナコGPはよく覚えていますが、それ以外はいつも普通に強かったので特筆した記憶があまりありません。皆さんはどんな思い出があるでしょうか。

21戦中11勝を挙げ、ほぼすべてのレースで表彰台を獲得し全レースでポイントを手にした2019年シーズン。413ポイントという過去最高のポイントを獲得しました。いろいろな記録が塗り替えられてきましたが、残るはいよいよシューマッハの優勝数くらいになってしまいましたね。それも次のシーズンで更新されてしまいそうですが。

このチームにしては珍しくはっきり混乱していた思えるのはドイツGPですね。メルセデスの出資で開催しての母国GPでモータースポーツ125周年を勝利で祝う予定でしたが、マシンはもちろんピットクルーまで特別カラーリングで挑んだものの雨で混乱したレースではオペレーションが崩壊し、ハミルトンの緊急ピットインではクルー全員が違うタイヤを手に持つほど混乱していました。マシントラブルはともかく、このチームがここまで作戦ミスで崩れるのは初めて見た気がします。

メルセデスは毎年カラーリングを変えてきます。細かな変更ではなく、歴代のマシンを並べると結構大きく変わっていることに気が付くものです。この年はマシン後部のブラックが増え、カーナンバーも全てのチームの中で最も大きく掲載されています。他のチームはスポンサー優先であまり大きくないのですが、こういうところにもこのチームの王者の余裕が見て取れますね。

ラウダを失ってもなおチームの強固な体制は揺るがず、唯一の弱点は相変わらずPUが高温に強くないことくらいでした。それだけにドイツGPの異様な結果が目立ち、やっぱり特別カラーリングは結果が出ないよなーと思っていたものの、今考えればそれだけ本社からのプレッシャーが強く参戦継続にはお膝元で華々しい勝利が必要だったのかもしれませんね。最終戦は市販車部門の重役が表彰台に登壇してハミルトンもかなり気を使っていた様子でしたし、この体制が続くのもあまり長くはなさそうです。 つい最近からメルセデスが強すぎて退屈だなーと思い始めた気がしますし、何ならワークス復帰もそんな昔のことのように思えないのですが、10年もあっという間ですねぇ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました