2022 ベルギーGP 感想

GP感想

圧倒

後方スタートからの追い上げが期待されたフェルスタッペンでしたが、レース前半で早々に首位に君臨すると堂々たる走りで完全勝利を挙げました。正直つまらないレースになってしまいましたね。フェラーリは唯一の武器だったマシンの速さを失い、このレースをもって今シーズンは完全に終了したと思います。お疲れさまでした。来年の王座争いに期待しましょう。

スタート直後に接触するも見事な走りで6位入賞を決めたアロンソ。ベストオブザレストの入賞です。少し高齢ですが、このドライバーとの契約を渋った判断は誤りだったとチームに認めさせる力強い走りでした。この勢いが続くと今シーズンも再び表彰台に登壇する様子が見れそうですね。しかしアロンソとハミルトンが闘志むき出しに接触するとは、2022年の出来事とは思えませんね。15年来のライバルですよ。

全く理解できなかったアルファタウリのこのレース。素人にはF1の作戦とはこうも難しいものなのですね。ハードタイヤはペースが劣る分長持ちすると聞いていたので、それなりのペースで走れていた角田くんはスティントを伸ばし、後半はライフが短いがペースのあるミディアムで攻勢を掛けるのだと思っていました。デブリとか踏んじゃったのかな。苦しいマシンで粘り強く走っていたのでとっても残念です。ガスリーは同じく急なピットスタートで入賞できたんだけどねぇ…。扱い違うのかなぁ…。

存続すら危ぶまれたスパ・フランコルシャンでしたが、レース自体はつまらない展開ながらも随所で見られるバトルは楽しかったですね。20世紀最高のオーバーテイクの再来までありました。ひとまず1年契約とのことですが、来年もこの場所がカレンダーに残って一安心です。失っちゃいけないサーキットってやっぱりありますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました