1995年チャンピオン M.シューマッハ

World Champion Collectionチームベネトン1995

伝説の始まり

【ミニチャンプス ベネトンB195 M.シューマッハ 1995】

前年の後味の悪い決着から1年、この年のベネトンは最強ルノーエンジンを獲得し、シューマッハが9勝を挙げてタイトルを連覇。史上最年少での連覇記録を樹立し、シューマッハ時代を築いていきます。

全17戦で争われた1995年シーズン。ベネトンは体制を維持したまま、シューマッハの勝利を盤石とするためにルノーエンジンを獲得。同一エンジンを擁するウイリアムズとはチーム力での戦いとなりましたが、ミスによるリタイアが目立ったヒルに対してピット戦略を巧みに操ったシューマッハがシーズン最多勝利タイ記録を樹立し、大差でダブルタイトルを獲得しました。

ポールポジションはウイリアムズが12回獲得し、シューマッハはわずか4回に留まったものの、導入2年目の給油によるピット作戦によって勝利を掴む、後の黄金パターンを確立しました。またこの年唯一最強ルノーエンジンを破ったのはアレジで、自身初にして唯一の優勝となったカナダGPはこの年唯一ルノー勢が取りこぼしたレースとなります。

素性のよいB194の発展型となったB195、ベネトンは最強ルノーエンジンを搭載するために使用権を有したリジェチームを買収し、それまで使用していたフォードエンジンと無理やりスイッチするなりふり構わぬ姿勢を見せました。

速さを見せたマシンながら1/43のB195はあまり再販に恵まれず、今でも当時のクラシックモデルが高値で取引されていますね。写真のモデルは安いドライバーレスのベネトン仕様にショーカーからドライバーを載せたオリジナル仕様となっています。

前年ドイツ人として初めて王者になったシューマッハは母国で大人気を博し、彼も応援に応えるかのように凱旋したドイツGPとニュルブルクリンクで行われたヨーロッパGPでの両レースを制しました。実力・人気共に絶頂期だった当時のシューマッハですがベネトンとの契約はこの年限りとし、噂されていたかつての育成チーム、メルセデスのエンジン擁するマクラーレンやウイリアムズへの移籍話を蹴って、低迷していた名門フェラーリを再建すべく移籍。新たなチャレンジへと取り組みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました