2020 F2 シーズン感想

GP感想

F3、F2を制してシューマッハがF1へ

実は見ていたF2 2020シーズン、最終レースが終了しミックシューマッハがタイトルを獲得しました。取れたらすごいなぁと思っていましたが、まさか本当に獲得するとは……。今年は彼を見守るためにDAZNに加入して見ていたようなものだったので、経緯はどうあれ、ほっとしました。あーよかったよかった。ライセンスポイント失ったらどうしようかと思いましたよ。

そのシューマッハとタイトルを争ったアイロット。速さを見せるも波があった彼に対して、堅実にポイントを重ねたミックがわずかにリードする結果に。しかしなんだか、ミックには一発が物足りない気がするしアイロットには安定した強さを感じませんでした。二人を足したら最強最速になりそうな、キャラクターの分かれたチャンピオンシップでしたね。

残念ながら二人してタイヤを終わらせてしまい、タイトルを争う両名が無得点という締まりのない終わりになってしまった最終戦。ミックは熱くなっていたのか、珍しく荒っぽい序盤でしたね。致命的なピットインをしてしまい他力本願でタイトルを願う始末。F2までの下位カテゴリではこれでタイトルは取れても、F1ではシーズンを独走できるようなマシンに巡り合わない限りこれではタイトルは難しいでしょうね。彼はまだ発展途上なドライバーだと思いますが、その成長がとても楽しみです。

中団勢も毎回激しいバトルで、レースのアクションだけならF1よりも見どころの多いF2。個人的に今年はタレントが豊富な大当たりの年だと思って観ていました。アイロットはもちろんFDAはシュワルツマンやアームストロングの速さが光りますし、ティクトゥムの今後も見逃せません。特にシュワルツマンは、来年ジョビナッツィとの交代要員の筆頭候補なんじゃないかと思っています。

さて、予想外の大活躍で日本に希望をもたらしてくれた角田選手。恥ずかしながらシーズン前まではあまり知らなかったのですが、ランキング3位で一発F1昇格に相応しい速さを見せてくれました。予選での速さ、バトルのうまさと何より終盤に狙いを定めるタイヤマネジメントは、往年のアロンソの戦い方を見ているようでした。まだF1昇格は未発表ですが、間違いないでしょうね。F1ではきっとチャンスを前に残念な結果に終わることもたくさんあるのでしょうが、いつか日本人最高位を更新してくれることを信じて応援していきたいと思います。角田サイコー!!!

王者としてシューマッハが、そしておそらく角田と因縁あるライバル・マゼピンの3人が昇格しそうな2021年のF1シーズン。みんなキャラが濃いので楽しみですね。ホンダ応援キャンペーンで3ヶ月無料だったDAZNに加入したことがきっかけで見始めたF2ですが、シーズンを見届けるために課金して視聴を継続してしまいました。運営としてはホンダのチャンピオン争いで視聴継続狙いがあったのでしょうが、角田様様でしたね。今年は本当に当たり年だったと思います。来年はおそらく見ないだろうなぁ……。

あとミニチャンプスさん、お願いだからミックのF2ミニカーをモデル化してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました