カテゴリー
スポンサーリンク

2020 トスカーナGP 感想

GP感想

ムジェロの屈辱

大荒れになった初開催のムジェロ、トスカーナGP。最初のSCはまぁやむを得ないとしても、最初の赤旗のきっかけになったこのリスタートのクラッシュは物議を醸していますよね。正直トップカテゴリとしてはどうなのか…というようなクラッシュでしたが、最近のレース運営があまり良くない点も一因になっていた気がします。どうもインシデントが起こるとトラック上とレースコントロールの関係がちぐはぐで上手くかみ合っていない気がするんですよね。こういう判断が続いて大きな事故が起こる前に、全面的に見直してもらいたいです。コースはマシン撤去や安全性に難ありながら、F1マシンの高速走行が見られるクラシックなサーキットで結構好きでした。

今回のヒーローに躍り出たのはリカルドとアルボンでした。表彰台を賭けた見事なバトルで、結果はアルボンが初表彰台を獲得したもののリカルドもルノーの著しい進歩を見せてくれています。ただ心配なのはフェルスタッペンで、この2戦いいところが全くありません。PUのトラブルが続きタイトルも完全に諦めモード。なんだかレッドブルは彼を失ってしまうのではないかという気さえします。ハミルトンやボッタスの動向次第では、近いうちのメルセデス入りも可能性があるのではないでしょうか。過去のメルセデス独走に挑んだベッテルはフェラーリの再建という大義がありましたが、今のフェルスタッペンはタイトルに挑めないまま貴重なキャリア初期を無駄にしてるだけですからね……。

母国フェラーリ勢は波乱のレースを生き残り、無事に2台完走してポイントを獲得できました。しかしPU勢としてはペナルティがあったもののライコネンが最高位完走で、親に負けたレースとなってしまいましたね。ライコネンがとても生き生きと走ってくれていたので、ファンとしては見ていて楽しいレースになりました。フェラーリにとっては屈辱的なお膝元でのリザルトとなってしまいましたが、現状を思えばこれが精一杯、よくやったと声をかけたいです。ネットではバッシングを受けていますが、今年の低迷がたった1戦で治るわけがないし、貴重なスペシャルカラーの走りを最後までファンに見せただけで今は十分の成果だったと思います。

さて、F1にとって何より屈辱的だったのはリスタートのクラッシュでもフェラーリの低迷でもなく、ハミルトンの表彰台での姿でしょう。あんな暴力的なメッセージをポディウムで掲げるなんて、ポディウムが冒涜されたようでとても不快でした。メルセデスは基本的人権へのメッセージだ、なんて釈明しますが、黒人優遇のどこが基本的なんでしょうね。案の定FIAの審議を受けていて、しっかりペナルティを受けてほしいものです。レース前の式典はいいけどさ、表彰台はだめでしょ。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました