2021 エミリア・ロマーニャGP 感想

GP感想

灼熱のバーレーンから一転

前回がドライコンディションによるこれぞバトルといったレースならば、今回は雨に翻弄されたカオスによってこれぞウェットコンディションといったレースでしたね。ボッタスの不振によってレッドブルはハミルトンに対して2vs1の構図を作れましたが、ペレスは失速しハミルトンはミスからの驚異の挽回したことでフェルスタッペンのランキング首位奪還とはなりませんでした。しかしレッドブルのこの支配的なレースは、今後のタイトル争いに向けて有望なペースでしたね。

ルーキーたちには厳しい週末となったこのレース。マゼピンとラティフィはクラッシュし、ミックは雨に翻弄されてノーズをぶつけるとそのクラッシュによってピットレーンがクローズされてしまい、恥をさらすかのようにフロントウイングなしでの走行を余儀なくされました。角田も予選のクラッシュから一時入賞圏内にあがったものの、再開直後のスピンとトラックリミットによるペナルティで散々なレースに。バーレーンのようなコースサイドの広いサーキットでは無理ができるものの、こうした狭いクラシックサーキットはルーキーたちに牙を剥きますね。これもまた勉強でしょう。しっかり3人とも完走したのはよかったです。

今回もっとも情けないドライバーとなってしまったボッタス。ハミルトンとの差は言い訳できないものになり、雇用主メルセデスの育成ドライバー、ラッセルのチャンスを潰す大クラッシュ。個人的にあの事故がボッタスにそれほど比があるとは思わないのですが、チームメイトのハミルトンはこの事故の赤旗の幸運に助けられたとはいえ2位フィニッシュです。ペースがなく中団をさまよい、メルセデスのマシンでウイリアムズ相手にリスクのあるブロックをしなければならなくなったこの事態そのものが許されないでしょうね。これは本当に今年で後退もありそうだなぁ。

今回大健闘のノリス、終盤ハミルトンを抑える彼のマシンはとてもかっこよかったです。まだ完全に復調しきっていないマクラーレンで2年連続表彰台とは、明るいキャラクターだけでなくすっかりグリッドの実力者の一人になりました。フェルスタッペンとルクレールを筆頭に、ラッセルやノリス、ガスリーやストロールなどこの世代の著しい成長によってF1はハミルトン世代から急速に世代交代が進んでいますよね。絶対王者のハミルトンを除けば、ベッテルやリカルドなどスキップされる世代には辛い現在。こんな環境で復帰したアロンソはこれから活躍できるのか、おじさんたちの今後が心配になってしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました