1974年チャンピオン E.フィッティパルディ

World Champion Collectionマクラーレン1974

マクラーレン初のタイトル

【スパーク マクラーレンM23 E.フィッティパルディ 1974】

前年覇者スチュワートが引退し、ロータスの競争力が低下したこの年。突出したチームは現れず、7人もの優勝者が表れる混戦の年となりました。

全15戦のうち、前半7戦と後半6戦の有効ポイント制で争われた1973年シーズン。過去2年を争ったティレル・ロータスの速さは抜きんでたものではなくなり、開幕7戦で6人の優勝者が誕生するほどの混戦となりました。

最終的にタイトル争いは最多3勝を挙げたマクラーレン移籍初年度のフィッティパルディと、1勝ながら表彰台でポイントを積みかさねたフェラーリのレガツォーニの戦いになりました。フェラーリは新鋭のラウダが速さを見せたことでポイントを集中できなかったことに加えて、同点で迎えた最終戦で致命傷となる痛恨のステアリングトラブルで無得点に終わり、レガツォーニはタイトルを逃します。

M23はインディ用に開発されたマシンがベースでありながら、導入された1973年に3勝を挙げる活躍。この年はコンストラクターズ別で最多となる4勝を挙げ、マクラーレンにとって初めてのドライバーズ・コンストラクターズの両タイトルをもたらします。またマクラーレンはこの年からマルボロとのスポンサード提携を開始し、1996年まで続く黄金期の始まったシーズンとなりました。

チームを移籍して初年度ながらチャンピオンを獲得し、タイトル数を2に伸ばしたフィッティパルディ。まだ若くF1でのフロントランナーを続けるかと思われましたが、翌75年にラウダに敗れると76年からは同族運営のコパスカーに移籍。ブラジルの国を挙げてのプロジェクトでしたが競争力がなく、以降1勝もできないまま1980年に引退します。

F1引退後はCARTに参戦して北米でのキャリアを歩んだほか、後進たちのアドバイザーとして多くのブラジル人ドライバーのキャリアを支援。偉大な先駆者の彼を追って、ピケやセナなど有力なドライバーがデビューします。若くしてF1で成功した割に後半のキャリアでは成功しなかったフィッティパルディですが、ブラジル人F1ドライバーの先駆者として偉大な功績を残しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました