ロータス E23 R.グロージャン ベルギーGP

ロータス2015

これがあるから

【ミニチャンプス ロータスE23 R.グロージャン ベルギーGP 2015】

新生ロータスにとって最後の表彰台となった2015年のベルギーGP。前年の不振からの脱却はもちろん、どん底の資金難に苦しむチームを救う大きなポディウムとなりました。

前年貧弱なルノーPUに悩まされたロータスはPUをメルセデスにスイッチ。前身がルノーワークスとは思えぬ形振り構わぬ変更でしたがこれが当たり、マルドナードがリタイアを繰り返す傍らグロージャンはポイント争いの常連としてチームを牽引する活躍を見せました。メルセデス特効薬の効果を見せる一台でもあります。

一方でチームの資金は底をつき、ワークスルノーによる買い戻しの噂がありつつも一向に買収は進みませんでした。表彰台を獲得したベルギーGPレース後の機材差し押さえに始まり、終盤は料金未払いのためホスピタリティ施設にすら入れないまでになってしまいます。雨の中立ち往生するスタッフは涙なくして見られませんでしたね。結局バーニーの救済で事なきを得ますが、ワークスルノーは買収に乗り気ではなかったのでしょうか。

成績は向上したものの懐事情にはあまり貢献なく、スポンサーの離脱は止められませんでした。新車発表のCGにはもう少しロゴがあったんですけどね。ブラック&ゴールドが映えた新生ロータスも、スポンサー不足では箔が付きません。ゴールドはスポンサーロゴだからいいのであって、金のラインを入れればいいわけではないですね。

パワーがものをいうベルギーGPでベッテルのタイヤバーストのおかげもあって3位を獲得したグロージャン。本当にチームを救う見事な活躍で、すごく感動した記憶があります。この頃はここ数年見られるようなミスもなく、チームを牽引するリーダーとしての役目を果たしていましたよね。2013年の日本GPとこのレースはグロージャンのベストレースでしょう。これを見せられたから、どんなにミスを繰り返してもまたこの活躍を見せてくれるんじゃないかと長年期待させられてしまいます。また当時ワークスルノーからも求愛を受けていた彼ですが、ルノーに残留をしていたらどうなったかは非常に気になりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました