2015 アブダビGP 感想

GP感想

今年も終わりました

メルセデスが2人に勝負をさせるか期待されたアブダビGP。そんなことはなくいつも通りのコントロールで、ニコのポールtoウィンに終わりました。 
来年に遺恨を残してシーズンを終えたくない気持ちもわかりますが、ここ数戦ハミルトンに溜まったフラストレーションはどんな形で影響してくるでしょうか。今の彼ならドライビングに問題が出るとは思えませんが、ライバルチームの台頭で戦いが激しくなり、ハミルトンが勝利に不可欠になったタイミングで、メルセデスを離れることに繋がるかもしれません。

終盤で一気に評価をあげたペレス。あまり好きなドライバーではなかったのですが、認めざるを得ない活躍でしょう。ペレスは間違いなくベストドライバーの1人になりました。
12週目のグロージャンとのバトルでは無理に突っ込むことなく牽制しあう大人なバトルを繰り広げ、2人のドライバーの成長を感じましたね。
ヒュルケンベルグファンとしては悔しい限りですが・・・
ペイドライバーだらけに思えた中団チームですが、エースはしっかり育っていますね。

綺麗にシーズンを終えたライコネンとは対照的に、ピットレーンで接触と最後まで不運が続いたボッタス。マッサにはポイントで上回ったものの、ライコネンを破っての4位獲得とはなりませんでした。去年は予選中位からでも3位まで這い上がってくる力強さがありましたが、今年はそれが見られませんでしたねぇ。
ポイントもシートも、フェラーリの壁の厚さに破れた1年ですね。また来年チャレンジです。

さて2015年もメルセデスの圧勝で終わりましたが、フェラーリの躍進や期待のルーキー3人の活躍など、一強時代の終わりを示唆する1年でもあったと思います。
2年目のホンダ、好調跳馬と提携して参戦するハースなど来年も見所がたくさんありますね。
レッドブルを筆頭にPU問題や財政問題は解決の糸口が見えてきませんが、ドライバーとチームに再び魅力が戻ってきただけに、なんとか解決に漕ぎ着けてほしいところです。 

コメント

  1. 黒男 より:

    ホンダ2年目は進歩を期待したいですね
    インドのアストンマーチン化も気になるところ
    これから長い冬休みですが、意外にも開幕戦まであっという間に時間が過ぎて行くんですよねぇ。年取ったせいかな(笑)

タイトルとURLをコピーしました