カテゴリー

フェラーリ F2012 F.アロンソ

オリジナルモデル フェラーリ 2012

獅子奮迅

【マテル フェラーリF2012 F.アロンソ 2012】

深刻な競争力不足で未勝利が危ぶまれたオフシーズンから一転、アロンソのミスのない完璧ともいえる走りでタイトルを争いました。アロンソが乗ったフェラーリでは一番のお気に入りマシンです。

シェイクダウンが大雪で延期されるなど、ローンチ前から不穏な空気が漂っていた2012年のフェラーリ。雨に翻弄された第2戦マレーシアGPでは望外の優勝を果たしましたが、序盤戦は表彰台すら難しい戦いが続きました。

中盤でアップデートに成功するとベッテルのリタイアに乗じてヨーロッパGPで母国バレンシアを制します。夏休み以降はリタイア以外はすべて表彰台を獲得するなど抜群の安定感を見せました。本当にミスらしいミスは一つもなく、完璧ともいえるレースが続いていましたよね。惜しむべきは競争力の不足で、予選ではレッドブルはもちろんマクラーレンやロータスにも及ばない終盤戦でした。

同年の他のマシンと比べても段差ノーズがやけに目立つF2012。見た目は不格好なのですが成績やこのシーズンの思い出があるのでかっこいいマシンに見えてなりません。3勝を挙げてタイトルを争ったマシンという実績が評価されたのか、ベッテルやルクレールが初めてドライブしたフェラーリもこのマシンです。醜い見た目に反して、意外と息が長いマシンなんですよね。

アロンソのベストマシンだと思うのですが、ヘルメットの出来はF150°に並んで酷いです。できることなら出来のいいモデルを用意したいのですが、出来のいいドラフィグが搭乗したミニカーは市販されておらずヘルメットデカールの販売もないため、マテル通常版で我慢しています。

この年応援しているアロンソが完璧なタイトル争いを進めていたので初めて鈴鹿に観戦に行ったのですが、まさかの1コーナーリタイアでレースを見ることはできませんでした。ちょうどホームストレートエンドで見ていたので、目の前の悲劇に悲鳴を上げた記憶があります。ベルギーGPに続き、この2回のリタイアでタイトルを失ってしまいましたが、完璧なレース運びが続きアロンソの真価が発揮されたシーズンだと思っています。遅いマシンでも戦意喪失せず、着実に戦略を完遂して上位フィニッシュする、アロンソの闘志が見えて大好きなマシンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました