2022 イタリアGP 感想

GP感想

地力の差

フェルスタッペンがモンツァ初表彰台を5連勝の優勝で達成。これで彼はすべてのレースでポディウムを獲得しました。SCフィニッシュで興ざめの終わりとはいえ、再開してもルクレールにチャンスはなかったように思います。完全に地力の差でレッドブルが勝利を掴んだという印象でした。SCフィニッシュの結末は毎回賛否両論ありますが、去年のアブダビGPでマシ個人を犠牲に責任を押し付けたのでそろそろルールを決める時かなぁと思います。赤旗を入れるとか、明確にSC終わりを受け入れてそういうレースだと決めるとかね。

モンツァ誕生100周年をスペシャルカラーリングで祝ったフェラーリ。今回は久々にミスのない完璧なレースで、それだけにレッドブルに完敗したことで力の差が明確になってしまいました。ベッテルがメルセデスと戦っていた頃のシーズン後半の尻すぼみ感が復活してしまいましたね。クルーのガチガチの緊張感とドライバーのチームへの忠誠心に対して、代表ビノットの飄々とした感じがどうも好きになれないです。エンジニアのトップを兼ねているので立場が強い分、彼一人の戦いの責任が違いますよねぇ。

週末を通して話題の人だったデフリース。急な代役を9位入賞で見事にこなしました。DotDも獲得し、これで来年のシートも射止めたかな?F1に乗せたら速いと言われるドライバーは数多いる中で、実際に結果を出せる優れたドライバーはごく少数です。さすがF2とFEのチャンピオンですが、次はこれを継続できるかという、偉大なドライバーかどうかの尺度で評価されるのですからF1は厳しい戦いですね。

さて、ついこの前開幕したと思っていた今シーズンも気づけばもうヨーロッパRdが終わって秋になりました。毎年言っていますが早いですね。でもシーズンの拡大に対してヨーロッパのGPは減る一方で、私の感じる欧州の伝統レースの少なさは確かなものです。やっぱりどのGP、サーキット、観客にも個性があるし、ヨーロッパでのレースは減らさないでほしいなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました