2017 ベルギーGP 感想

GP感想

見事なレース

夏休み明けの最初のレース、主役は変わらずこの2人だと知らしめる見事なバトルでした。
彼らがデビューしてから10年が経ち、タイトルを複数回とって円熟した二人の戦いはレベルが高く、非常に見応えがありますね。
表彰台の2人の表情もタイトルを見据えて感情をあらわにせず、緊張感のある戦いが続きます。やっぱりタイトル争いするドライバーがコース上で戦うシーズンは面白いです。

事実上の母国レースだったフェルスタッペンですが、相も変わらずトラブルでリタイア。
今一番観客を呼べるドライバーだけに、この不振はF1にも大きな痛手でしょうね。
チームメイトのリカルドは変わらず粘って表彰台を掴むだけに、この人が不在なのは残念です。でも彼のリタイアのおかげで上位陣のバトルが荒れずに済んでいるのでしょうか?笑

変わらないのはフォースインディアも同様で、1週目はオコンが、そして中盤にはペレスがお互いを壁に押し付け合い、またもクラッシュを引き起こしました。
コンストでは後ろとの余裕があるし、表彰台も狙えないし、2人はお互いに勝つことくらいしかやることがないのではないでしょうか?
ルノーが調子を上げてきているので、彼らにコンスト4位が脅かされる事態にならない限りこの対立は解決しなさそうです。お互い背後のスポンサーも強いしねぇ。

いつもオチになっているマクラーレンホンダ。2周目のアロンソの動きはさすがでしたが、その後は本人曰く”Embarrass”なレースで最後はリタイアに。
バンドーンも母国で目立つことなくレースを終えました。それにしてもスペック3.5ってねぇ・・・

派手な展開はなかったですが、いよいよタイトルへのカウントダウンとなる後半戦にふさわしい見事なレース。ここ数年はリアルタイムで見なかったアメリカメキシコブラジルも見たくなりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました