1/64 サークルK アルファロメオシリーズ

チームアルファロメオ1951

ロード・レースカーが中心のアルファロメオの1/64サークルKシリーズですが、わずかながらF1マシンもラインナップされました。

【アルファロメオ159 G.ファリーナ/J.M.ファンジオ 1951】

1951年マシンの159、No.22はスイスGPでファリーナ、スペインGPでファンジオが搭乗しています。いずれもファンジオ優勝、ファリーナ3位でした。

【アルファロメオ159 C.サネージ 1951】

No.3を駆ったのはイタリア人のコンサルボ・サネージというドライバーらしいです。わずか5戦の出走なので、どういうドライバーかはよくわかりませんね。

F1初年度を全勝したものの、わずか2年目にしてフェラーリにやられ撤退することになったアルファロメオ。以降ワークス参戦は1979年まで、四半世紀以上待つことになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました