1953年チャンピオン A.アスカリ

World Champion Collection フェラーリ 1953

イタリア人最後のチャンピオン

【ブルム フェラーリ500F2 A.アスカリ 1953】

1952年に続き、連覇を達成したアスカリの1953年マシン。最終戦では怪我から復帰したマセラティのファンジオが勝利を挙げ、フェラーリの全戦優勝とは成りませんでしたが、アスカリは9戦で5勝を挙げて難なく王座を獲得します。

全9戦中4戦の有効ポイント制で争われた1953年シーズン、規定は前年と同様F2規定で行われました。フェラーリのエースだったアスカリだけでなく、後のチャンピオンとなるホーソンの初優勝や初代王者ファリーナの最後の優勝など、フェラーリドライバーらが続々と勝利を収めていきます。

インディ500を除く8戦に参戦したフェラーリドライバー4名がドライバーズランキングTOP5を占め、他はかろうじてマセラティのファンジオが2位に食い込んだだけでした。このファンジオも序盤戦の連続無得点が有効得点制度によって消されたことによる順位で、平均1戦しかリタイアしないフェラーリ勢の信頼性には太刀打ちできませんでした。

500F2は1952年には既に完成されており、1953年にも大きな変更は加えられませんでした。なお、ミニカー事情としてこの1953年型のアスカリ車というのは非常にレアで、なかなか手に入りません。多くが1952年のモデルとなっています。チャンピオンマシンの中でも、入手が難しい上位5位には入るマシンです。

イタリア人のアスカリはこの勝利を手土産に同郷のランチアへと移籍しますが、よく1954年はマシンの開発トラブルなどでまともに出走ができませんでした。最後の勝利はおろか、最後の完走もこの1953年が最後となっています。

1955年にはモナコGPでクラッシュによりマシンごと海中に落ちるという事故に会います。そしてその数日後、モンツァサーキットでのテスト中の事故により他界します。36歳という若さでした。今事故現場は今でもアスカリシケインと呼ばれ、毎年耳にする名前となっていますがこのアスカリを最後にイタリア人ドライバーの王者は誕生していません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました