カテゴリー

マクラーレン MP4-25 L.ハミルトン

マクラーレン 2010

崩壊前夜

【ミニチャンプス MP4-25 L.ハミルトン 2010】

前年までのハミルトン一強体制だったチームはバトンを迎え入れWエース体制に移行。ハミルトンのメンタルが徐々に揺れ動いていきます。

シーズン3勝を挙げ最終戦までタイトル獲得の可能性を残したハミルトン。前半のトルコGP・カナダGPで連勝を挙げてポイントリーダーになるも、後半はレッドブル・フェラーリの両ライバルに開発で遅れじり貧の終盤を迎えます。この頃から既にマクラーレンの開発力はチャンピオンを獲得するのに十分ではない状態だったのでしょうね。

致命傷はやはり終盤の2連続リタイアで、イタリアGPではマッサと、シンガポールGPではウェバーとクラッシュして無得点に終わりました。モンツァではFダクトの利用有無を含めセットアップが土壇場まで決まらず、シンガポールでは焦りが出たオーバーテイクで接触。今思えばこれが大不振となった2011年の布石だったのでしょう。

バトンがオーストラリアGP優勝の特別仕様だったのに対し、ハミルトンは通常仕様のミニカーです。一応カナダGP予選仕様のハイボックスが出ましたが、MP4-25といえばバトンのマシンという印象が強いですね。

秘蔵っ子としてデビューしてから3年、チームがバトンを迎え入れたことでハミルトンは2011、2012と不安定なシーズンを過ごし、結果的にマクラーレンを離脱する要因となってしまいました。速さのハミルトンに対し、巧さのバトンというコンビは魅力的だったんですけどねぇ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました