2020 オーストリアGP 感想

GP感想

長い休みを終えて、ようやく開幕した今シーズン。土曜日にフェラーリの、日曜日にレッドブルの通夜葬式を終えて待っていたのはいつものフォーミュラメルセデスでした。黒に染まった彼らはさながら喪主のようです。これだけは見たくなかった……。しかし控えめだったフェラーリはともかく、豪語していたレッドブルはこれからどうするんでしょう。何か手はあるのかな?

現行レギュレーションも終わりが見えてきてますますグリッドの差が詰まり、トップから中段も肉薄してきていますね。中でもマクラーレンとレーシングポイントが頭抜けていますが、ルノーPUというアキレス腱があるマクラーレンよりは経験豊富なペレス擁するレーシングポイントの方が有利かなと思います。フェラーリはここを抜け出すまで時間がかかりそうです。

完走11台の荒れたレースを盛り上げた昨年デビューの3人組。2人はリタイヤしてしまいましたが、ノリスは最後のファステストで表彰台を掴みました。いやー、世代交代ですね。この3人は好きなので、今シーズンは楽しめそうです。

しかしハミルトン、メルセデスのカラーも変えてあれだけ差別撤廃を叫んだのにあの接触は頂けないですね。発言には行動責任が伴うべきで、これでは自分だけ有利に差別化しろと言わんばかり。これで自分だけペナルティを受けているとか言い出さないといいですけど。。。

まだ開幕戦、次の同一サーキットでの連戦で勢力図がどこまで変わるかで連戦の多い今年の期待値も決まってきそうです。当たり前のようにメルセデス1-2にならないといいなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました